コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈留 なる

2件 の用語解説(奈留の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈留
なる

長崎県五島列島中部の奈留島とその周辺の島を含む地域。旧町名。 1957年奈留島村から改称して町制。 2004年8月福江市および玉之浦富江三井楽岐宿町の1市4町と合併し五島市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奈留
なる

長崎県南松浦(みなみまつうら)郡にあった旧町名(奈留町(ちょう))。現在は五島(ごとう)市の北部を占める。旧奈留町は1957年(昭和32)奈留島村が町制改称、2004年(平成16)福江(ふくえ)市、富江(とみえ)、玉之浦(たまのうら)、三井楽(みいらく)、岐宿(きしく)の4町と合併、五島市となる。旧奈留町域は、五島列島中央に位置する奈留島本島および葛(かずら)島、前(まえ)島などの属島からなる。中心集落は浦(うら)地区で、奈留島港から福江港(福江島)、上五島(かみごとう)方面を経由して長崎港への定期船がある。南北朝時代、松浦(まつら)党の一族奈留氏の拠(よ)った島。沈降地形が著しく、本島には大小11の湾がある。産業は漁業を主とし、アジ・サバの巻網、キビナゴの地引網、イカの一本釣りのほか、ハマチ・タイの養殖やブリの蓄養を行う。人口流出が著しく、1970年(昭和45)前後をピークに年間70~80人が出ていき、人口流出と高齢化が同時進行している。キリシタンの島、葛島は集団移住によって無人島となった。若松(わかまつ)島との間の滝河原(たきごはら)瀬戸や久賀(ひさか)島との間の奈留瀬戸は潮流が激しく風光明媚(めいび)。奈留島権現山樹叢(なるしまごんげんやまじゅそう)は国の天然記念物、ほかに船廻神社社叢(ふなまわりじんじゃしゃそう)(県指定天然記念物)、1918年(大正7)に建てられた木造建築の江上(えがみ)天主堂(国の重要文化財)などがある。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奈留の関連キーワード五島福江港奈留[町]奈留〈町〉長崎県五島市奈留町浦長崎県五島市奈留町大串長崎県五島市奈留町泊長崎県五島市奈留町船廻長崎県南松浦郡宿輪卓爾

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奈留の関連情報