奈留(読み)なる

日本大百科全書(ニッポニカ)「奈留」の解説

奈留
なる

長崎県南松浦(みなみまつうら)郡にあった旧町名(奈留町(ちょう))。現在は五島市(ごとうし)の北部を占める。旧奈留町は1957年(昭和32)奈留島村が町制改称、2004年(平成16)福江(ふくえ)市、富江(とみえ)、玉之浦(たまのうら)、三井楽(みいらく)、岐宿(きしく)の4町と合併、五島市となる。旧奈留町域は、五島列島中央に位置する奈留島本島および葛島(かずらしま)、前島(まえしま)などの属島からなる。中心集落は浦(うら)地区で、奈留島港から福江港(福江島)、上五島(かみごとう)方面を経由して長崎港への定期船がある。南北朝時代、松浦(まつら)党の一族奈留氏の拠(よ)った島。沈降地形が著しく、本島には大小11の湾がある。産業は漁業を主とし、アジ・サバの巻網、キビナゴの地引網、イカの一本釣りのほか、ハマチ・タイの養殖やブリの蓄養を行う。人口流出が著しく、1970年前後をピークに年間70~80人が出ていき、人口流出と高齢化が同時進行している。キリシタンの島、葛島は集団移住によって無人島となった。若松島(わかまつじま)との間の滝河原(たきごはら)瀬戸や久賀島(ひさかじま)との間の奈留瀬戸は潮流が激しく風光明媚(めいび)。奈留島権現山樹叢(ごんげんやまじゅそう)は国の天然記念物、ほかに船廻神社社叢(ふなまわりじんじゃしゃそう)(県指定天然記念物)、1918年(大正7)に建てられた木造建築の江上天主堂(えがみてんしゅどう)(国の重要文化財)などがある。

[石井泰義]

〔世界遺産の登録〕江上集落(江上天主堂とその周辺)は、2018年(平成30)、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産として、世界遺産の文化遺産に登録された(世界文化遺産)。

[編集部 2018年9月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「奈留」の解説

奈留
なる

長崎県西部,五島市の旧町域。五島列島中部の奈留島と周辺の島を含む。1957年奈留島村から奈留町に名称変更し町制施行。2004年福江市および玉之浦町,富江町,三井楽町,岐宿町の 1市 4町と合併し,五島市となった。北部の葛島(かずらしま),南部の前島はキリシタンの開いた島であるが,人口流出が著しく,葛島は無人島となった。漁業を中心とし,イカの一本釣り,アジ,サバの巻網漁,タイ,ハマチの養殖などが行なわれる。中心集落の浦に近い権現山には国の天然記念物のアコウホルトノキなどの樹叢がある。奈留島北西部の大串湾に面する,江戸時代の潜伏キリシタンの村,江上集落にはキリスト教解禁後に建設された江上天主堂があり,2018年「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産として世界遺産の文化遺産に登録された。長崎―福江間,博多―福江間,若松―福江間の定期船が寄港する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android