コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本保孝 おかもとやすたか

5件 の用語解説(岡本保孝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡本保孝
おかもとやすたか

[生]寛政9 (1797)
[没]1878
考証学者。清水浜臣狩谷棭斎に学ぶ。著書『況斎雑話』『況斎叢書』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おかもと‐やすたか〔をかもと‐〕【岡本保孝】

[1797~1878]幕末・明治初期の国学者。江戸の人。清水浜臣(しみずはまおみ)狩谷棭斎(かりやえきさい)に和文や考証を学んだ。著「韻鏡考」「難波江」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本保孝 おかもと-やすたか

1797-1878 江戸後期-明治時代の国学者。
寛政9年7月29日生まれ。清水浜臣の門人となり,のちに狩谷棭斎(えきさい)にまなぶ。学問の範囲はひろく,和漢,仏典におよんだ。維新後は大学の中博士となる。蔵書家としても知られた。明治11年4月5日死去。82歳。江戸出身。本姓は若林。字(あざな)は子戒。通称は勘右衛門。号は況斎。著作に「況斎雑話」「安国論考」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おかもとやすたか【岡本保孝】

1797‐1878(寛政9‐明治11)
江戸後期・明治初期の考証学者。通称は初め縫殿助,のち勘右衛門。号は況斎,麻志天乃屋(ましてのや)など。旗本若林某の次男として生まれ,幕臣岡本氏を継ぐ。国学を清水浜臣に,漢学を狩谷棭斎に学び,和漢の学に博覧強記の才を発揮する。明治維新後は大学中博士となり,のち編輯(へんしゆう)寮に転じ《語彙》の編集に従事した。生涯を通じてものした編著は膨大な数にのぼり,とくに考証方面にみるべきものが多い。【南 啓治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おかもとやすたか【岡本保孝】

1797~1878) 江戸後期・明治の国学者。江戸の人。号、況斎。国学を清水浜臣、漢学を狩谷棭斎に学び、考証の学に秀でる。著「況斎雑話」、随筆「難波江」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

岡本保孝の関連キーワード東京(都)蔀関月ヘンリー岡本保孝ブラシスヘンリー岡本保孝ヘンリージューエットエアトン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone