コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡野敬次郎 おかのけいじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡野敬次郎
おかのけいじろう

[生]慶応1(1865).9.21. 群馬
[没]1925.12.23. 神奈川
法学者。東京帝国大学卒業後,母校に残り,1891年留学のため渡欧。帰国後,東大教授となるかたわら農商務省官房長,法制局長官兼内閣恩給局長,宮中顧問官などとして国務にもたずさわった。この間法典調査会委員となり,梅謙次郎らとともに商法起草編纂に尽力,明治立法史上の功績は大きい。その後,1922年東大教授を退官し,加藤友三郎内閣の司法相に就任。また山本内閣では文相,農商務相をつとめ,25年には枢密院副議長となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おかの‐けいじろう〔をかのケイジラウ〕【岡野敬次郎】

[1865~1925]法学者。群馬の生まれ。日本商法学の基礎を作った。東大教授・司法大臣文部大臣などを歴任。著「日本手形法」「会社法」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡野敬次郎 おかの-けいじろう

1865-1925 明治-大正時代の法学者,政治家。
慶応元年9月21日生まれ。ドイツ留学後,明治28年母校帝国大学の教授。法典調査会委員となり,梅謙次郎らと商法典の起草にあたる。39年法制局長官,41年貴族院議員。加藤友三郎内閣の法相,第2次山本内閣の文相兼農商務相を歴任。中央大学長,学士院長。大正14年12月22日死去。61歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。著作に「日本手形法」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

岡野敬次郎

没年:大正14.12.22(1925)
生年:慶応1.9.21(1865.11.9)
明治大正期の商法学者,政治家。群馬県出身。父は岡野親美。明治19(1886)年帝大法科卒,同助教授,28年教授として商法を担当。その間24~28年ドイツなどに留学し,ギールケの指導を受ける。法典編纂委員として,梅謙次郎,田部芳と共に商法典(1899年公布)の起草に貢献。39年南満州鉄道創立委員。39~41年,44~大正2(1913)年法制局長官,明治41~大正14年貴族院勅選議員。大正2年より行政裁判所長官。11~12年加藤友三郎内閣の司法大臣として陪審法を成立させ,12年同内閣の末期には,有力な次期首班候補のひとりとされた。12~13年文相,農商務相,14年枢密院副議長。中央大の大学昇格に尽力し,その学長を務めた。<著作>『日本手形法』『会社法』

(長尾龍一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おかのけいじろう【岡野敬次郎】

1865‐1925(慶応1‐大正14)
商法学者。上野国岩鼻の生れ。1886年東大卒。東大助教授を経て95年教授。法制局長官,行政裁判所長官,加藤友三郎内閣の司法大臣,山本権兵衛内閣の文部大臣・農商務大臣,帝国学士院長,枢密院副議長などを歴任。ドイツ商法学の影響下で日本の商法学の基礎を築いた。商法典(1899公布)の起草に梅謙次郎,田部芳とともに指導的役割を果たし,また破産法(1922公布)などの起草にも参加した。【長尾 竜一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おかのけいじろう【岡野敬次郎】

1865~1925) 商法学者。上野こうずけの人。東大教授・司法大臣・文部大臣を歴任。商法典を編纂。ドイツ法に基づく日本商法学の基礎を築いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡野敬次郎
おかのけいじろう
(1865―1925)

明治・大正期の代表的商法学者。群馬県に生まれる。東京帝国大学法科大学卒業後、同大学教授となり、商法講座を担当した。ドイツ法に基づく日本商法学の基礎を確立した。また法制局長官、行政裁判所長官などを兼ね、のちに司法大臣、文部大臣、農商務大臣、帝国学士院長、枢密院副議長などを歴任した。そのほか中央大学学長も務めた。その業績は、法学をはじめ立法、司法、行政の各方面にわたるが、とくに1899年(明治32)の商法典の編纂(へんさん)は彼の力によるところが大きい。著書には『日本手形法』『会社法』『商行為法及保険法』などがある。[戸田修三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

岡野敬次郎の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android