コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩出[町] いわで

2件 の用語解説(岩出[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

岩出[町]【いわで】

和歌山県北部,那賀(なが)郡の旧町。南部は紀ノ川穀倉地帯で,温室などによるカーネーションの栽培も盛ん。主集落は紀ノ川渡河の要地として発達,和歌山線が通じる。2006年4月,単独市制し岩出市となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いわで【岩出[町]】

和歌山県北端,那賀郡の町。人口4万1550(1995)。北は大阪府,西から南は和歌山市に接する。紀ノ川下流域に位置し,南半は和歌山平野沖積低地が,北半は和泉山脈の山地が占める。古くから開けた地で,船戸に6世紀築造の船戸山古墳群があり,西国分には白鳳~奈良時代の寺院跡西国分廃寺跡(塔跡は史跡)がある。平安末期には町の北部の石手(いわで)荘に新義真言宗の開祖覚鑁(かくばん)が根来(ねごろ)寺を開き,室町~戦国末期にかけて根来衆が射撃や鍛冶の技術に優れた武装集団として活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone