コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩戸神楽 イワトカグラ

百科事典マイペディアの解説

岩戸神楽【いわとかぐら】

天の岩戸の神話を劇に仕立てた神楽の総称。天の岩戸の前での天鈿女(あめのうずめ)命の舞を神楽の起源とするという伝説が根拠。九州地方に多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

いわとかぐら【岩戸神楽】

民俗芸能。天照大神あまてらすおおみかみの岩戸隠れの物語を題材とする出雲流神楽の系統を引く神楽。仮面をつけ、囃子はやしによって黙劇風に舞う。神代じんだい神楽。
下座音楽の一。勇壮な人物の登場や立ち回りの場面に用いる。太鼓を主とし大太鼓・能管をあしらう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩戸神楽
いわとかぐら

『古事記』『日本書紀』に記された天岩戸(あまのいわとびらき)の神話を劇化して演ずる神楽。天照大神(あまてらすおおみかみ)、天鈿女命(あめのうずめのみこと)、手力雄命(たぢからおのみこと)などの神々が仮面をつけて登場し、多くは黙劇風に神話の世界を展開する。九州の神楽はことに岩戸開の曲を重要視しているために岩戸神楽とよばれることがあるが、なかでも宮崎県西臼杵(にしうすき)郡一帯の高千穂(たかちほ)神楽をとくに岩戸神楽とも称する。岩戸開の曲は全国的に分布する出雲(いずも)流神楽のなかで、もっともポピュラーな曲として知られている。[高山 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の岩戸神楽の言及

【長陽[村]】より

…農業は米作,タバコ,トマトなどの栽培,赤牛肥育を中心とした畜産を主とする。長野の岩戸神楽は無形民俗文化財に選択されている。阿蘇の玄関口にあってペンション村などレジャー施設が増えている。…

※「岩戸神楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岩戸神楽の関連情報