コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩戸神楽 イワトカグラ

4件 の用語解説(岩戸神楽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いわと‐かぐら〔いはと‐〕【岩戸神楽】

民俗芸能の一。面をつけて神々に扮し、「岩戸隠れ」「大蛇退治」など神話に取材した所作を演じるもの。神代(じんだい)神楽。
歌舞伎下座音楽の一。太鼓・大太鼓・能管で奏し、荒事(あらごと)出端(では)立ち回り所作などに用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

岩戸神楽【いわとかぐら】

天の岩戸の神話を劇に仕立てた神楽の総称。天の岩戸の前での天鈿女(あめのうずめ)命の舞を神楽の起源とするという伝説が根拠。九州地方に多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

いわとかぐら【岩戸神楽】

民俗芸能。天照大神あまてらすおおみかみの岩戸隠れの物語を題材とする出雲流神楽の系統を引く神楽。仮面をつけ、囃子はやしによって黙劇風に舞う。神代じんだい神楽。
下座音楽の一。勇壮な人物の登場や立ち回りの場面に用いる。太鼓を主とし大太鼓・能管をあしらう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩戸神楽
いわとかぐら

『古事記』『日本書紀』に記された天岩戸(あまのいわとびらき)の神話を劇化して演ずる神楽。天照大神(あまてらすおおみかみ)、天鈿女命(あめのうずめのみこと)、手力雄命(たぢからおのみこと)などの神々が仮面をつけて登場し、多くは黙劇風に神話の世界を展開する。九州の神楽はことに岩戸開の曲を重要視しているために岩戸神楽とよばれることがあるが、なかでも宮崎県西臼杵(にしうすき)郡一帯の高千穂(たかちほ)神楽をとくに岩戸神楽とも称する。岩戸開の曲は全国的に分布する出雲(いずも)流神楽のなかで、もっともポピュラーな曲として知られている。[高山 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の岩戸神楽の言及

【長陽[村]】より

…農業は米作,タバコ,トマトなどの栽培,赤牛肥育を中心とした畜産を主とする。長野の岩戸神楽は無形民俗文化財に選択されている。阿蘇の玄関口にあってペンション村などレジャー施設が増えている。…

※「岩戸神楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岩戸神楽の関連キーワード田楽春駒鬼舞女舞恵比須舞かんこ踊郷土芸能古典芸能本田安次面浮立

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩戸神楽の関連情報