コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩殿山 いわとのさん

2件 の用語解説(岩殿山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩殿山
いわとのさん

山梨県東部,大月市の桂川北岸にある山。標高 637m。中腹から頂上にかけては鏡岩と呼ばれる岩壁をなす。桂川と支流の葛野川に囲まれる要害の地で,武田氏の家臣小山田氏の城があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩殿山
いわどのさん

山梨県大月(おおつき)市にある岩山。標高634メートル。南面に鏡岩(古くは大黒岩)とよばれる大岩壁(礫(れき)岩)がそびえ立ち、南と東を桂(かつら)川と葛野(かずの)川に挟まれ、西と北は山々に囲まれる要害の地で、都留(つる)郡の領主小山田(おやまだ)氏の城があった。この城には、武田勝頼(かつより)が小山田信茂(のぶしげ)を頼って新府城から岩殿山へ向かう途中で、信茂が裏切ったため、武田氏が滅んだという哀史を秘めている。中腹の丸山は公園として整備されているほか、山頂の展望台、峰続きの兜(かぶと)岩、稚子(ちご)落としなどの景勝地がある。JR中央本線大月駅下車、徒歩40分。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩殿山の関連キーワード山梨県大月市大月山梨県大月市山梨県大月市大月町大月山梨県大月市大月町駒橋山梨県大月市大月町花咲山梨県大月市大月町真木山梨県大月市駒橋山梨県大月市猿橋町猿橋山梨県大月市賑岡町岩殿山梨県大月市御太刀

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩殿山の関連情報