コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崔南善 さいなんぜんCh'oe Namsǒn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

崔南善
さいなんぜん
Ch'oe Namsǒn

[生]李太王27(1890).3.8. ソウル
[没]1957.10.10. ソウル
朝鮮の歴史家,文学者。号,六堂,公六。早稲田大学高等師範部中退。東京留学時代から李光洙らとともに西欧文学を研究し,新体詩,時調 (シジョ) ,紀行文などを通じて朝鮮近代文学草創期に先駆的功績を残した。朝鮮最初の新文化雑誌『少年』 (1908~11) ,『赤いチョゴリ』 (12) ,『青春』 (14) などを発刊,民衆の啓蒙と国民一般の知識水準の向上を目指した。三・一独立宣言書 (19) の起草者の一人にもかかわらず,1928年には朝鮮総督府朝鮮史編纂委員になり,39年満州国建国大学教授に就任。解放後,反民族行為者処断法にかかるなどして不遇のうちに没した。主著史書『故事通』 (43) ,時調集『百八煩悩』 (25) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

崔南善【さいなんぜん】

朝鮮の文学者,歴史学者。号は六堂。ソウル生れ。早稲田大学退学後1908年帰国,出版社を設立して雑誌《少年》を創刊,朝鮮近代文学の祖李光洙の小説などを掲載。1919年三・一独立運動に際して独立宣言を起草,そのため逮捕,投獄。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

崔南善 チェ-ナムソン

1890-1957 朝鮮の文学者,歴史学者。
高宗27年3月8日生まれ。早大に入学したが,模擬国会事件に抗議して退学。帰国後,雑誌「少年」を創刊,新文学の普及につとめた。1919年三・一独立宣言文を起草し,投獄される。のち朝鮮総督府の朝鮮史編修委員,満州建国大教授。1957年10月10日死去。68歳。漢城(現ソウル)出身。号は六堂。著作に「朝鮮常識問答」など。

崔南善 さい-なんぜん

チェ-ナムソン

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

崔南善

没年:1957.10.10(1957.10.10)
生年:高宗27.3.8(1890.4.26)
朝鮮の文学者,歴史学者。日本語読みは「さい・なんぜん」。号は六堂。明治39(1906)年に早稲田大学に入るが朝鮮侮辱に憤り帰国,雑誌『少年』を創刊して新文学の発展に努めた。大正8(1919)年の3・1独立運動に際し独立宣言文を起草して逮捕された。出獄後は雑誌『東明』や新聞『時代日報』を発刊するかたわら歴史研究に着手し,朝鮮民族の伝統をたたえた。昭和3(1928)年に総督府の朝鮮史編修委員会委員,中枢院参議,満州国建国大学教授に任じられるなど,日本に利用され協力した。解放後は歴史研究に専念した。日本に抵抗しながら日本に利用された悲劇の知識人。<著作>『六堂崔南善全集』<参考文献>池明観『韓国文化史』

(森山茂徳)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいなんぜん【崔南善 Ch‘oe Nam‐sŏn】

1890‐1957
朝鮮の文学者,歴史学者。号は六堂。ソウル生れ。1906年渡日し早稲田大学に入学したが,韓国皇帝を日本華族にすることを日本人学生が主張した〈早大模擬国会事件〉に抗議して退学。08年帰国して出版社を設立,雑誌《少年》を創刊して李光洙の小説を掲載,みずからも詩を発表するなど新文学の普及に努めた。10年には〈朝鮮光文会〉を組織して朝鮮の古文献の整理・保存に力を注いだ。三・一独立運動に際して崔麟などの依頼で独立宣言を起草,自身は署名しなかったが逮捕,投獄された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

崔南善
さいなんぜん / チェナムソン
(1890―1957)

朝鮮の歴史家、詩人、思想家。号は六堂。早稲田(わせだ)大学に就学したのち帰国し、李光洙(りこうしゅ/イグァンス)と並んで新文化運動の先駆者となった。1919年、三・一独立宣言書を起草し投獄され、のち朝鮮総督府管下の朝鮮史編修委員会委員を経て、1938年「満州国」の建国大学教授。解放(1945)後の1949年、反民族行為処罰法により収監されるが、病気のため1か月で保釈された。彼の業績は、第一に、初期において各種出版物を通じて自主独立と新教育、新思想を鼓吹した啓蒙(けいもう)家としてのそれであり、第二に、国文を主とし漢文を従とする新しい文体を創造し、自ら出版する雑誌に朝鮮最初の自由詩(散文詩)を発表したほか、古典的短詩型である時調(じちょう/シジョ)を近代によみがえらせたこと、第三に、散逸する古書を収集、古典研究、歴史研究に大きな成果をあげたことである。[大村益夫]
『崔南善著、相場清訳『朝鮮常識問答(朝鮮文化の研究)』(1965・宗高書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

崔南善の関連キーワード新小説(朝鮮文学)チェナムソン三一独立運動4月26日朝鮮文学民族史学新体詩池明観

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android