コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川島甚兵衛 カワシマジンベエ

百科事典マイペディアの解説

川島甚兵衛【かわしまじんべえ】

京都西陣の織物業者。幼名弁次郎。1879年家業を継ぎ2世甚兵衛。1886年渡欧してゴブラン織を研究。帰国後伝統技術に洋風の新技術を加え,唐錦(からにしき),綴錦(つづれにしき)を改良,壁掛や衝立(ついたて)などの大作も発表した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かわしまじんべえ【川島甚兵衛】

1853~1910) 工芸織物家。伝統的な織物の改良に努めるとともに、ヨーロッパの技術を吸収して綴つづれ錦にしきなど独自の織芸を開く。特に、ゴブラン織の研究は有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の川島甚兵衛の言及

【綴織】より

…明治に入り紋屋次郎兵衛が製作した祇園占出山の〈日本三景図〉には,なお明・清様の技法が認められる。しかし1886年京都の2代川島甚兵衛(1853‐1910)の渡欧は,日本にゴブラン織の新しい息吹を伝えるものとなった。その後,川島の綴の万国博覧会への出品,皇室の買上げなどによって,しだいに日本にも工芸織物としての綴が定着してきた。…

※「川島甚兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

川島甚兵衛の関連キーワード川島 甚兵衛(4代目)川島甚兵衛(2代)川島甚兵衛(4代)川島織物セルコン川島織物[株]沢部 清五郎5月22日川島織物川島唐織

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android