コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川島甚兵衛 カワシマジンベエ

3件 の用語解説(川島甚兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かわしま‐じんべえ〔かはしまジンベヱ〕【川島甚兵衛】

[1853~1910]織芸家。京都の生まれ。西陣織生産に功績をあげ、渡欧して日本と外国の技術を総合し、旧来の唐織(からお)り綴(つづ)れ織りなどを壮麗な芸術品に発展させた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

川島甚兵衛【かわしまじんべえ】

京都西陣の織物業者。幼名弁次郎。1879年家業を継ぎ2世甚兵衛。1886年渡欧してゴブラン織を研究。帰国後伝統技術に洋風の新技術を加え,唐錦(からにしき),綴錦(つづれにしき)を改良,壁掛や衝立(ついたて)などの大作も発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かわしまじんべえ【川島甚兵衛】

1853~1910) 工芸織物家。伝統的な織物の改良に努めるとともに、ヨーロッパの技術を吸収して綴つづれ錦にしきなど独自の織芸を開く。特に、ゴブラン織の研究は有名。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の川島甚兵衛の言及

【綴織】より

…明治に入り紋屋次郎兵衛が製作した祇園占出山の〈日本三景図〉には,なお明・清様の技法が認められる。しかし1886年京都の2代川島甚兵衛(1853‐1910)の渡欧は,日本にゴブラン織の新しい息吹を伝えるものとなった。その後,川島の綴の万国博覧会への出品,皇室の買上げなどによって,しだいに日本にも工芸織物としての綴が定着してきた。…

※「川島甚兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

川島甚兵衛の関連キーワード徳川家慶新聞小説有珠山ラーマ五世ラーマ5世アフリカ神話桂太郎内閣北欧映画コック=ブロンホフ聖地管理問題

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone