コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川瀬巴水

3件 の用語解説(川瀬巴水の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

川瀬巴水

東京・新橋生まれ。日本画家鏑木清方の弟子になり、伊東深水の影響で版画家に転向。浮世絵版画の新たな世界を切り開き、雪、月、雨など詩情的な風景版画で「旅情詩人」などと呼ばれる。国内より海外での評価が高く、葛飾北斎歌川広重と並び称される人気がある。

(2011-10-25 朝日新聞 朝刊 ちば東葛 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川瀬巴水 かわせ-はすい

1883-1957 大正-昭和時代の版画家。
明治16年5月18日生まれ。青柳墨川(ぼくせん),荒木寛友に日本画を,さらに白馬会葵橋(あおいばし)洋画研究所で洋画もまなぶ。のち鏑木清方(かぶらき-きよかた)に師事。大正7年渡辺版画店から初の版画3点を出版。「旅みやげ」「日本風景選集」などの風景版画を制作した。昭和32年11月7日死去。74歳。東京出身。本名は文治郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川瀬巴水
かわせはすい
(1883―1957)

版画家。東京に生まれる。本名文治郎。初め川端玉章(ぎょくしょう)門下の青柳墨川に、ついで荒木寛友に、さらに白馬会洋画研究所に入ったのち、鏑木清方(かぶらききよかた)に師事した。巴水という号は清方の命名による。1918年(大正7)渡辺木版画店より版画の処女作を出して以来、日本各地を写生し、大正・昭和を通じて風景版画を制作した。この時代はまた創作版画運動の興隆期でもあったが、巴水は、伝統的な浮世絵版画の叙情的世界に、自然に肉薄する近代人の視点を導入することにより、独自の世界を展開した。[玉蟲玲子]
『楢崎宗重解説『川瀬巴水木版画集』(1979・毎日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川瀬巴水の関連キーワード川西英小野忠重旭正秀上阪雅人諏訪兼紀寺崎武男永瀬義郎西田武雄平川清蔵前田政雄

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川瀬巴水の関連情報