コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻掛け伝動(読み)まきかけでんどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巻掛け伝動
まきかけでんどう

機械の駆動軸の回転を従動軸に伝達する場合,それぞれの軸にプーリー (滑車) をつけて,これにベルト,ロープ,チェーンなどのように屈曲自由なもの (巻掛け媒介節という) を張り渡して伝動すること。機構が簡単で比較的騒音も少いので,特に2軸間の距離が長いときに利用される。ベルトやロープによる場合は,それらの摩擦力で伝動されるため歯車伝動のように回転比を正確に保つことはできないが,過負荷になるおそれがない。 (→チェーン伝動 , 伝動ロープ , Vベルト )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる