コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川翠扇 いちかわすいせん

1件 の用語解説(市川翠扇の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いちかわすいせん【市川翠扇】

女優。(1)2世(1881‐1944∥明治14‐昭和19) 本名堀越実子(じつこ)。9世市川団十郎の長女。1888年初舞台をふみ,93年《鏡獅子》初演の際,妹扶伎子(ふきこ)(2世市川旭梅(きよくばい))と胡蝶をつとめた。1907年2世団十郎の妻さいの俳名を受けつぎ2世翠扇を襲名,翌年明治座の《袈裟と盛遠》に出演,のち市川三升(さんしよう)(没後10世団十郎となる)と結婚した。(2)3世(1913‐78∥大正2‐昭和53) 本名堀越貴久栄。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

市川翠扇の関連キーワード池坊専啓ヨハネス北陸新幹線北海道新幹線アレクサンドル西川扇蔵昭穆I‐20ABオンキャンパス市川翠扇(2代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone