コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川翠扇 いちかわすいせん

1件 の用語解説(市川翠扇の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いちかわすいせん【市川翠扇】

女優。(1)2世(1881‐1944∥明治14‐昭和19) 本名堀越実子(じつこ)。9世市川団十郎の長女。1888年初舞台をふみ,93年《鏡獅子》初演の際,妹扶伎子(ふきこ)(2世市川旭梅(きよくばい))と胡蝶をつとめた。1907年2世団十郎の妻さいの俳名を受けつぎ2世翠扇を襲名,翌年明治座の《袈裟と盛遠》に出演,のち市川三升(さんしよう)(没後10世団十郎となる)と結婚した。(2)3世(1913‐78∥大正2‐昭和53) 本名堀越貴久栄。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

市川翠扇の関連キーワードブラジル文学もの派アレクサンドルアレクサンドル沖縄戦カリブ文学直木賞日本鉄道岩崎弥太郎オイレンブルク

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone