コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川翠扇 いちかわすいせん

世界大百科事典 第2版の解説

いちかわすいせん【市川翠扇】

女優。(1)2世(1881‐1944∥明治14‐昭和19) 本名堀越実子(じつこ)。9世市川団十郎の長女。1888年初舞台をふみ,93年《鏡獅子初演の際,妹扶伎子(ふきこ)(2世市川旭梅(きよくばい))と胡蝶をつとめた。1907年2世団十郎の妻さいの俳名を受けつぎ2世翠扇を襲名,翌年明治座の《袈裟と盛遠》に出演,のち市川三升(さんしよう)(没後10世団十郎となる)と結婚した。(2)3世(1913‐78∥大正2‐昭和53) 本名堀越貴久栄。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

市川翠扇の関連キーワードにっぽん三銃士 博多帯しめ一本どっこの巻市川 新之助(5代目)市川団十郎(10代)市川 翠扇(3代目)12月16日8月21日新派劇無頼漢

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android