コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐津文字兵衛(2世) ときわずもじべえ[にせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常磐津文字兵衛(2世)
ときわずもじべえ[にせい]

[生]安政4(1857)
[没]1924
常磐津節の三味線方。1世常磐津文字助の実子。初名2世八百八。のち2世文字兵衛を継いだ。隠居してからは松寿斎と改名。常磐津林中,6世文字太夫,3世松尾太夫の立三味線を弾き,名人と称された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の常磐津文字兵衛(2世)の言及

【お夏狂乱】より

…常磐津。坪内逍遥作詞,2世常磐津文字兵衛作曲。1914年9月東京帝国劇場でお夏を6世尾上梅幸,馬士を7世松本幸四郎により初演。…

※「常磐津文字兵衛(2世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

常磐津文字兵衛(2世)の関連キーワード島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏山本嘉次郎インドの大反乱ケクレ実験映画

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android