コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日宋貿易 にっそうぼうえき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日宋貿易
にっそうぼうえき

10世紀後半~13世紀の日本と中国 () との間の貿易寛平6 (894) 年遣唐使中止後も中国船の来航は絶えず,960年宋代になっても日中交流は続いた。日本側は港を博多に限り,大宰府が管理した。この管理貿易に不満をいだく宋商人は台頭してきた北九州の荘園領主や商人を相手に貿易を行うようになった。 12世紀のなかば頃,平清盛は瀬戸内海航路を整備し大輪田泊 (兵庫) を開いて積極的に貿易を行なった。自由貿易鎌倉時代にも行われたが,建長6 (1254) 年には鎌倉幕府によって制限された。おもに金,刀剣漆器,扇などが輸出され,織物,陶磁器典籍銅銭 (→宋銭 ) などが輸入された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にっそう‐ぼうえき【日×宋貿易】

平安中期から鎌倉中期、日本との間で行われた貿易。主な輸入品は銅銭・陶磁器・香料など、輸出品硫黄・刀剣・砂金などで、平氏政権・鎌倉幕府とも積極的に推進した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

日宋貿易【にっそうぼうえき】

平安中期〜鎌倉中期の日本と中国のとの間の貿易。10世紀末には宋船が博多に来航し大宰府で貿易を行った。12世紀後半に平清盛は大輪田泊を改修して日宋貿易をすすめ,渡宋する日本の商船も多かったため宋が制限を加えるほどであった。
→関連項目音戸ノ瀬戸神崎荘

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にっそうぼうえき【日宋貿易】

日本と中国の宋との間の貿易。中国商人の活発な対日貿易活動は唐代の9世紀半ばころからみられたが,五代の混乱期を経て,宋による中国の再統一が成ると,国内産業の発達,南海貿易の繁栄などを背景に,宋商人の来航が以前にも増して頻繁になった。彼らは明州を拠点に,東シナ海を横断して博多付近に来着した。宋商人のもたらす貨物は唐物と称され,貴族たちに珍重された。それには香料・薬品類,顔料類,豹皮・虎皮などの皮革類,茶碗などの陶磁器,綾錦などの唐織物類,呉竹甘竹など笛の材料,書籍,経典,筆墨などの文房具,さらにはオウムクジャクなどの鳥獣までが含まれていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にっそうぼうえき【日宋貿易】

平安中期から鎌倉中期にかけて、日本と宋との間に行われた貿易。特に平清盛は大輪田泊おおわだのとまりを開き瀬戸内航路を整理するなど、貿易の振興をはかった。また、宋銭の輸入は以後の貨幣経済の進展に大きな役割を果たした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日宋貿易
にっそうぼうえき

10世紀後半~13世紀後半の間、日本と中国の北宋(ほくそう)・南宋(なんそう)との間で行われた貿易。中国人の海外発展は7~8世紀ごろよりアラビア商人の活発な通商活動に刺激されて、広州(こうしゅう)を中心とする南海方面を舞台に始まった。9世紀中葉からは、南海貿易で得た東南アジアの特産品を日本へももたらす唐(とう)の海商が現れた。
 唐末五代の混乱期を経て宋朝の中国再統一がなると、治安の安定、国内諸産業の発展、南海貿易の復興などによって、宋海商の日本来航は唐代をはるかにしのぐようになった。宋海商らは、東シナ海のモンスーン・海流を熟知し、日宋間を片道5~7日で航海した。彼らは、5、6月の西南風に乗って来日し、翌年3、4月の東北風を利用して帰航するのが通例であった。
 前期(10世紀後半~12世紀前半)には、博多(はかた)を交易の場とし、大宰府(だざいふ)の統制の下に交易が行われた。宋海商が携帯する渡航証である「公凭(こうひょう)」(商人の身分、積載貨物の内容、来航目的などを記載。高麗(こうらい)・日本との貿易のために開港した明州の貿易監督機関である市舶司(しはくし)が発給した)を基に大宰府に派遣された朝廷の唐物(からもの)交易使が先買権を行使し、その後に一般の交易が許されるという形態をとった。のち、朝廷からの目録を基に大宰府官吏が先買権を行使するようになり、大宰府の貿易管理が強化されたため、これを嫌う宋海商らは不入権を獲得した権門寺社領の荘園(しょうえん)内の港湾に着岸して私貿易を行うようになった。このため、九州西岸を中心として博多から薩摩(さつま)に至る広い地域に交易の場は拡大し、貿易統制権をめぐって大宰府と荘園領主との訴訟が頻発した。
 後期(12世紀後半~13世紀後半)には、日本側に平氏政権が成立し、大輪田泊(おおわだのとまり)を修築して宋商船を瀬戸内海へ引き入れて貿易を行うなど新たな局面が切り開かれた。続く鎌倉幕府も基本的に対宋貿易には積極的に関与し、鎌倉の外港和賀江(わかえ)(飯島津(いいじまのつ))、六浦(むつら)にも宋商船の来航があったようである。こうしたなかで、日本人で宋に渡航する者が輩出した。南宋に渡る日本船は、1年に40~50艘(そう)に及んだといわれる。北宋・南宋ともに一貫して対日貿易には積極的だったが、1127年以後、華北を支配する金(きん)と対抗する財源を貿易の利に求めたため、日本側の対外政策の積極化と相まって日宋貿易は空前の活況を呈した。
 日宋貿易を通じて、宋側からは「唐物」といわれる香料・陶磁器・書籍・南海産の鳥獣・医薬品・銅銭などが輸入され、日本からは刀剣・水銀・硫黄(いおう)・木材・砂金などが輸出された。とくに日宋貿易を通じて輸入された銅銭、最新の建築・土木技術、禅宗は日本の社会経済・文化の諸分野に多大な影響を与えた。[横井成行]
『藤田豊八著『東西交渉史研究 南海篇』(1932・岡書店) ▽『蒲寿庚の事蹟』(『桑原隲蔵全集 第五巻』所収・1968・岩波書店) ▽曽我部静雄著『日宋金貨幣交流史』(1949・宝文館) ▽『森克己著作選集1~4』(1975・国書刊行会) ▽張祥義「宋代市舶司貿易研究の現状と課題」(『亜細亜大学教養部紀要』24所収・1982・亜細亜大学)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の日宋貿易の言及

【銭】より

…銅銭の質量が悪化軽小となって世の信用を失ったのである。12世紀に日宋貿易が発展して中国銭輸入が始まり,13世紀に輸入はますます増大した。中国の銅銭は唐代から諸外国へ流出,宋代にはその量はいよいよ増加した。…

【福原】より

…平清盛は福原荘を領有するようになると,ここに別荘(福原山荘,雪見御所などという)をつくり,1168年(仁安3)に出家入道してからは主としてそこに住み,平家一族の別荘も多く営まれるようになった。清盛がこの地に着目したのは,日宋貿易の推進とも密接に関係しており,福原の町づくりと並行して大輪田泊の修築,経ヶ島の築造など港湾施設の整備につとめ,70年(嘉応2)には宋船がはじめて福原まできた。80年(治承4),源平の争乱が勃発すると,6月突如として清盛はこの福原へ都を移した。…

【平安時代】より

…この間,動乱の余波として,新羅の辺民がしばしば対馬や北九州を侵したので,日本は辺境の防備を厳にするとともに,対外交渉にいちだんと消極的になった。しかし大陸の情勢が安定した10世紀後半には,宋の商船の来航と日本僧の入宋が盛んになり,ことに11世紀後半には,北方の遼の圧迫に苦しむ宋の神宗が,国書を贈って積極的に対日接近を図り,日宋貿易もますます活発になった。その後1127年,宋は女真族の金に追われて南遷し,南宋として再建されたが,12世紀後半に入ると,平清盛の貿易振興政策によって,再び日宋貿易が盛んになった。…

※「日宋貿易」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日宋貿易の関連キーワード兵庫県神戸市三善長衡貨幣経済日中貿易森 克己平忠正橘知茂平忠盛森克己承安福原今津

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日宋貿易の関連情報