平衡定数(化学)(英語表記)equilibrium constant

法則の辞典の解説

平衡定数【equilibrium constant】

ノルウェーのグルベルとウォーゲによって1867年にはじめて導かれた質量作用の法則*によれば,化学平衡においては,反応系の物質の濃度の乗積と,生成系の物質の濃度の乗積の比は条件定数となり,一定の温度・一定の圧力のもとでは不変である.この比のことを平衡定数という.すなわち

aAbB+… &lrarrow; pPqQ+…

なる化学平衡において,各物質の濃度をCACB,…,CPCQ,…としたとき

を平衡定数(濃度平衡定数)という.正確には活量濃度を用いる必要がある.この式の右辺は「濃度商」とも呼ばれる.気体反応の場合には CACB,…の代わりに分圧 pApB,…を用いると「圧平衡定数」が得られる.こちらは無次元の量である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android