コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平衡定数(化学) equilibrium constant

法則の辞典の解説

平衡定数【equilibrium constant】

ノルウェーのグルベルとウォーゲによって1867年にはじめて導かれた質量作用の法則*によれば,化学平衡においては,反応系の物質の濃度の乗積と,生成系の物質の濃度の乗積の比は条件定数となり,一定の温度・一定の圧力のもとでは不変である.この比のことを平衡定数という.すなわち

aAbB+… &lrarrow; pPqQ+…

なる化学平衡において,各物質の濃度をCACB,…,CPCQ,…としたとき

を平衡定数(濃度平衡定数)という.正確には活量濃度を用いる必要がある.この式の右辺は「濃度商」とも呼ばれる.気体反応の場合には CACB,…の代わりに分圧 pApB,…を用いると「圧平衡定数」が得られる.こちらは無次元の量である.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

平衡定数(化学)の関連キーワードファントホッフの法則(平衡定数の温度変化)ネルンストの近似式(平衡定数)ファントホッフの定圧式ファントホッフの等温式ファントホッフの定容式過ヨウ素酸(過沃素酸)平衡定数(生物学)ファントホッフの式トランスアミナーゼサハの電離平衡式ハメットの通則熱力学第三法則質量作用の法則イオン(原子)ハメットの式反応定圧式アンモニア酸解離定数定圧平衡式反応定容式

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android