コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平衡河川 へいこうかせん graded river

5件 の用語解説(平衡河川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平衡河川
へいこうかせん
graded river

河川の運搬力に対して送流物質量が釣合っていて,河床に浸食や堆積を起さないような河川。現実には河川の全流路にわたって平衡状態に達することはありえないが,平衡状態に近い河川の勾配は上流に急で下流にゆるやかな指数曲線を描くようになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

へいこう‐かせん〔ヘイカウ‐〕【平衡河川】

河川の輸送力と土砂の運搬量とがほぼ等しいため、浸食や堆積(たいせき)が進まない状態の河川。その縦断面は上流で急、下流で緩やかとなる。平滑河川。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平衡河川【へいこうかせん】

浸食作用で生産された流送物質量とその河川の流送運搬力がほぼ見合っていて,河床の浸食や堆積が進まない状態の河川。平衡状態に近づいた河川の縦断面が示す曲線形を平衡曲線と呼ぶ。
→関連項目河川

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

へいこうかせん【平衡河川】

浸食と堆積との釣り合いがとれて、安定した形状を維持して流れる河川。その縦断面形は、上流に急、下流に緩で、平滑な曲線になる。平滑河川。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平衡河川
へいこうかせん
graded river

川の営む侵食、運搬、堆積(たいせき)作用の間に力学的なつり合い、すなわち平衡の状態が成立している川。平滑河川、グレード河川ともいう。平衡の状態としては静的平衡と動的平衡とが考えられる。前者は、流水のエネルギーと河床の抵抗とが力学的につり合っている状態で、侵食も堆積もおこらない。後者は、一定距離の区間内で侵食量に見合うだけの堆積量があり、流入してきた土砂に匹敵するだけの量が下流側に流出している状態で、土砂収支の面からつり合いがとれていて、結果的には侵食も堆積もおこらなかった場合と同じことになる。
 川の縦断面は上流側で急傾斜、下流側になるほど緩傾斜となり、全体としては上に向かってくぼんだ曲線で、ほぼ指数曲線で近似できる。河床の縦断面の各部分は、上流側から供給される土砂を下流側へ運ぶのに必要な流速を維持すると考えると、下流側の縦断勾配(こうばい)は、流送される土砂粒子の細粒化に伴い、粒径に対応して緩勾配となるという説明が成り立つ。アメリカの地形学者マッキンJoseph Hoover Mackin(1905―68)は、長い年月にわたって、流域から供給された荷重の運搬に必要なだけの流速を生ずるように、勾配が微妙に調節されている川を平衡河川と定義した。そして、なんらかの条件が変化すると、その変化の影響を吸収するように平衡の関係を変化させていくのが平衡河川の外見上の特徴であると述べている。マッキン流に解釈すれば、大部分の川はこのような平衡状態の達成を目ざしているという意味で平衡河川とよぶことができる。現実の川で、河床が侵食も堆積も受けない完全な均衡状態が全川にわたって成立することは考えられないし、静的平衡状態が一時的に成立したとしても、外的な条件の変化によって長続きはしないであろう。灌漑(かんがい)水路ではこれに近い状態が要求されることから、流路の安定を図るレジーム理論や安定河道の理論が生まれたが、諸外国では流路の横断面の安定が主眼で、安定流路の縦断形状理論は日本で発達した。
 アメリカの地形学者W・M・デービスは、動的平衡の概念を彼の侵食輪廻(りんね)(地形輪廻)説のなかに取り入れ、壮年期の河谷の地形的特徴としたが、マッキンの定義によれば、平衡状態は定常状態を目ざした川の自己調整作用の現れであるから、平衡河川が壮年期のみの特徴とはならない。定常状態は壮年期以外にも出現するからである。レオポルドLuna Bergere Leopold(1915― )とウォルマンMarkley Gordon Wolman(1924― )の理論的研究では、川は定常状態を目ざして流水の位置エネルギー消費速度を最小にすべく調整すると考えられている。山茂美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の平衡河川の言及

【川】より

…三角州上の河川の水位が潮の干満によって上下することは,洪水の際にとくに重要な意味をもつとともに,近年のように臨海部における工業化・都市化に伴う排水によって河川が汚濁されると,このような感潮域の河川水の浄化は難しく,対策が注目される。
[平衡河川]
 砂礫を運搬する流水が河床に堆積する小石を入れ替えることはあっても,運搬作用のみが行われ,河床の浸食や堆積が進まず,河床変化はほとんど起こらない状態の河川を平衡河川という。平衡状態に近づいた河川の縦断面が示す曲線形は上流に急で下流に緩やかな放物線またはサイクロイド曲線をなすようになり,これを平衡曲線という。…

※「平衡河川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平衡河川の関連キーワード自然堤防質量渇水溶離曲線平衡断面質量保存則エクマンの吹送流掃流物質浮流物質溶流物質

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone