コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平野殿荘 ひらのどののしょう

百科事典マイペディアの解説

平野殿荘【ひらのどののしょう】

大和国平群(へぐり)郡の荘園。現奈良県平群町東北部。宣陽門(せんようもん)院が父後白河院から伝領し,京都仁和(にんな)寺行遍(ぎょうへん)をへて1252年に京都東(とう)寺に寄進された。面積9町6反余の小荘。東寺供僧が預所(あずかりどころ)に任じられ,在地には下司(げし)・惣追捕使(そうついぶし)がいた。強剛名主(きょうごうみょうしゅ)といわれた有力名主層のなかには,年貢未進を続け,悪党化して預所と対決するものも現れた。また周辺の興福寺一乗(いちじょう)院領との争いが絶えず,一乗院坊人でもあった下司曾歩曾歩(そぶそぶ)氏はこれに乗じて荘内を違乱(いらん)している。室町時代には奈良興福寺の支配を受けるようになり,16世紀前半には東寺領の実質を失った。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひらのどののしょう【平野殿荘】

大和国平群郡(現,奈良県生駒郡平群町)の荘園。田数9町余。米,マツタケ等を貢進した。おそらく貴族邸宅の旧地に立てられた荘であろう。宣陽門院が父後白河法皇より伝領した庁分の荘園群の一つ。1239年(延応1)宣陽門院は灌頂の布施として仁和寺菩提院行遍(ぼだいいんぎようへん)に寄進,行遍はこれを新設の東寺常住供僧の供料荘と定め,以後,1569年(永禄12)までは東寺供僧領(十八口供僧方)の荘園であった。下司・惣追捕使の所職は曾歩曾歩(そふそふ)氏一族が相伝,曾歩曾歩氏は興福寺一乗院御房人でもあったため,興福寺の介入が頻発し,菩提院からの干渉もあって東寺供僧は支配の貫徹に苦しんだが,曾歩曾歩氏の内部対立に乗じ,その一部を悪党として排除し,1291年(正応4)荘務権を掌握した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平野殿荘
ひらのどののしょう

大和(やまと)国平群(へぐり)郡(奈良県生駒(いこま)郡平群町大字椣原(ひではら)付近)の荘園。総田数9町6反余(1町は約119アール)の谷間の小荘園で、もとは後白河(ごしらかわ)天皇の娘宣陽門院(せんようもんいん)の所領であった。1239年(延応1)、宣陽門院は灌頂(かんじょう)を授けられた賞として仁和(にんな)寺の菩提(ぼだい)院行遍(ぎょうへん)に平野殿荘を寄進し、東寺長者の一人であった行遍は1252年(建長4)に荘務権を留保して東寺供僧住持料(ぐそうじゅうじりょう)に当荘を寄進した。ここに荘務権は仁和寺菩提院、年貢・公事(くじ)は東寺供僧に帰属する関係が成立した。やがて東寺供僧は荘務権獲得に乗り出し、1278年(弘安1)には荘務を実質的に把握するが、荘務権をめぐる領主側の対立や大和国の事実上の守護であった興福寺の介入などに乗じて当荘の荘官・百姓らは「悪党」「強剛名主(みょうしゅ)」などと非難されるような活発な動きをみせて荘支配に抵抗した。なお東寺は、当荘から米約20石、松茸(まつたけ)、瓜(うり)、笋(たけのこ)、菓子、餅(もち)、人夫役などを収取した。[安田次郎]
『網野善彦著『中世東寺と東寺領荘園』(1978・東京大学出版会) ▽小泉宜右著『悪党』(教育社歴史新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

平野殿荘の関連キーワード奥御賀丸定宴

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android