コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武家法 ぶけほう

6件 の用語解説(武家法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武家法
ぶけほう

日本の武士社会に発達した法の体系。鎌倉時代に武家とは,公家 (朝廷) に対する言葉で幕府をも意味し,武家法とは,公家法または本所法に対する幕府法のことであった。その武家法としては『御成敗式目 (貞永式目) 』があげられ,武家法制の成文典の最初とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶけ‐ほう〔‐ハフ〕【武家法】

武家が政治的権力を掌握していた時期の法体系。はじめ武士間の慣習法として成立、鎌倉幕府御成敗式目成文法として確立。戦国大名分国法を制定してそれぞれの領国を支配、江戸幕府禁中並公家諸法度武家諸法度などを制定して封建制度維持の基とした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

武家法【ぶけほう】

武家社会に発生し展開した法。現実的,武断的で,慣習法を基礎とする。〈武士のならい〉として平安後期の武士団内部に発生したが,当時は置文(おきぶみ)・譲状(ゆずりじょう)にみられるように,同族・主従関係の維持・強化が主目的であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぶけほう【武家法】

日本の武士社会において生み出され,展開した法の系列。武家政権の国家法である幕府法などから,武士団の家法国人一揆の一揆契約状などの個別団体法を含めた法の総称。平安時代中期以降各地に武士が発生し,その族的結合,主従結合の上に武士団が成立すると,自生的に形成された慣習を土台に,荘園領主の支配法である本所法国衙法(こくがほう)などの影響をうけて,武士社会固有の習(ならい),例などと呼ばれる法慣習が生まれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶけほう【武家法】

武士の社会から生まれ、発展した法体系。公家法・本所法に対するもので、武士団の統制と全国支配の秩序維持を目的に作られた諸法の総称。御成敗式目・分国法・武家諸法度などに具体化される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武家法
ぶけほう

武士が主要な社会階級として自立し、政治権力を掌握していた期間の法体系。平安末期に始まり江戸末期に終わる。[羽下徳彦]

発生

律令(りつりょう)制の衰退とともに、朝廷では、律令格式(きゃくしき)の解釈や慣行によって現実に即した法の運用を行うようになった。これを公家(くげ)法とよぶ。一方、大社寺・貴族などの荘園(しょうえん)領主は、荘園の支配者として独自の法を形成する。これが本所(ほんじょ)法である。この二つの法圏のなかから、在地領主としての武士階級が発生し、土着の法慣習を形成するが、これが一つの法圏として独立するには、鎌倉幕府の成立を要した。[羽下徳彦]

鎌倉時代

源頼朝(よりとも)は幕府を確立し、「武家の習(ならい)、民間の法」とよばれた武家社会の慣習法に基づいて裁判を行ったと伝えられ、それは「右大将家例(うだいしょうけのれい)」として定着した。そのうえにたって北条泰時(やすとき)は1232年(貞永1)、「道理(どうり)」を理念として、武家法最初の成文法典たる「御成敗式目(ごせいばいしきもく)」を制定した。その後はそれに対する追加という意味で、「追加」と称する単行法令が多数発せられた。武家法はその独自性を主張しながらも、公家法、本所法を否定するものではなく、幕府支配下の武士集団も、それぞれ独自性を有し、成文の家法(かほう)を制定するものもあれば、置文(おきぶみ)などの形で族内秩序や所領支配の法を規定するものもあった。また、当事者自身による権利の主張・確保が法秩序維持のために重視された。[羽下徳彦]

室町・戦国時代

室町幕府は鎌倉幕府の体制を継受し、立法も追加の形でなされた。しかし幕府は、朝廷、本所の存在は認めつつも、しだいにその支配の場を狭め、個々の法理の面でも武家法が公家法、本所法を圧倒してゆく。幕府は中央権力としては強固でなく、初期から守護大名らによる分権的傾向が強かったが、応仁(おうにん)の乱(1467~77)による幕府の衰微を機として、地方におこった戦国大名が、領国支配の秩序を形成する。そこでは一般に支配者たる大名の権力を絶対化し、主従関係の規制から年貢収納、農民支配に至るまで、秩序維持のための強権的傾向がうかがわれる。戦国大名の発布した法典を総称して戦国家法(かほう)、分国法という。[羽下徳彦]

江戸時代

江戸幕府は戦国の分裂を収束して国土の事実上の支配者となり、法の面でも禁中並公家諸法度(きんちゅうならびにくげしょはっと)(禁中并公家中諸法度)、諸宗本山本寺法度で、朝廷、寺社を厳しく規制し、武家諸法度で武士を統制した。当初は慣習法支配の性格が強いが、8代将軍徳川吉宗(よしむね)のとき公事方御定書(くじかたおさだめがき)が制定されてから、成文法主義の方向を強めた。江戸幕府の法令は「御触書(おふれがき)集成」や、「徳川禁令考(きんれいこう)」に収められている。諸藩、ことに岡山池田、鳥取池田、金沢前田、米沢(よねざわ)上杉などの大藩は、独自の藩法をもっている。幕府法、藩法とも、封建君主による民衆支配の法として、厳重な身分規制を有しており、また成文法であってもかならずしも公布されたものばかりではなく、権力の側の基準として秘密法の性格を有するものも多い。[羽下徳彦]
『石井良助著『日本法制史概説』(1960・創文社) ▽牧健二著『日本封建制度成立史』(1935・弘文堂) ▽『岩波講座 日本歴史 中世 2』(1963・岩波書店) ▽『岩波講座 日本歴史 中世 1』(1975・岩波書店) ▽小早川欣吾著『近世民事訴訟制度の研究』(1957・有斐閣) ▽平松義郎著『近世刑事訴訟法の研究』(1960・創文社) ▽服部弘司著『刑事法と民事法――幕藩制国家の法と権力』(1983・創文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の武家法の言及

【中世法】より

…他面,鎌倉・室町幕府の構成分子たる大小の武士団の中には,置文(おきぶみ)・家訓(かくん)・家法(かほう)などを定めて家の生命の維持発展を図るものが多く,やがてこれらの家の規約を根幹として,領主法的性格を加えた家法が現れるようになった。これら武士政権の国家法たる鎌倉・室町幕府法および武士団の家法の総体を武家法とよぶ。また宗教界では,個々の宗門,大小多数の寺院が各僧団の宗教的生命の維持を目的として種々の制法を定めた。…

【律令法】より

賤民の身分は,陵戸,官戸,家人(けにん),公奴婢(ぬひ),私奴婢の5階層に区別され,各階層は同一身分内部で婚姻しなければならないという当色婚の制度によって隔離されていた。この複雑な賤民の等級は,唐令の賤民制度の継承であるが,それは中世武家法における賤民制度とちがった律令法の特徴をなしている。良民は階級的には貴族と平民に二大別されているが,両者の区別は法的には明確ではなかった。…

※「武家法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

武家法の関連キーワード知的資本社会組織所産武者言葉バルトーク:3つのブルレスカ/piano soloドビュッシー:ピアノのために/piano soloディスカウンティッド・キャッシュフローライセンス収入武士社会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone