コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放恣/放肆 ホウシ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐し〔ハウ‐〕【放恣/放×肆】

[名・形動]気ままでしまりのないこと。勝手でだらしのないこと。また、そのさま。「―な日々を送る」「生活が―に流れる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

放恣/放肆の関連キーワード俸・倣・包・呆・堡・報・奉・宝・寶・封・峰・崩・幇・庖・彷・抛・抱・捧・放・方・朋・法・泡・烹・烽・疱・砲・硼・縫・胞・芳・萌・蓬・蜂・袍・褒・襃・訪・豊・豐・逢・邦・鋒・飽・鳳・鵬ルターの「九十五か条の論題」(抄)ディビノ・アフランテ・スピリトゥ注文の多い料理店サルウィアヌス文化文政時代バオ・ダイブラマンクホフマン岩野泡鳴バビット非行少年趙飛燕婆娑羅性霊説唐寅仏教放縦道化ネロ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android