(読み)ゆわれ

精選版 日本国語大辞典「謂」の解説

ゆわ‐れ ゆは‥【謂】

〘名〙 (「いわれ(謂)」の変化した語) 物事のもととなる根拠。物事のわけ。理由。また、「に」を伴って、連体修飾語を受け、形式名詞のようにも用いる。ため。ゆえ。
史記抄(1477)一一「収君ゆわれが多ぞ」
四河入海(17C前)一二「玄宗あまりに奢をきはめられたゆはれに、天下喪乱して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「謂」の解説

いい〔いひ〕【×謂】

《動詞「い()う」の連用形から。ふつう「…のいい」の形で用いられる》…についての表現、いわれ。また、…という意味、…のこと。
「間髪を入れずとは正にこの―である」〈芥川

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android