序曲(音楽)(読み)じょきょく(英語表記)overture 英語

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

序曲(音楽)
じょきょく
overture 英語
Ouvertüre ドイツ語
ouverture フランス語

オペラやバレエ、カンタータやオラトリオを導入するために冒頭に置く曲。それ自体完結している点で序奏とは異なる。また19世紀には、独立した管弦楽曲の題名にも使われた。

[寺本まり子]

序曲の成立

16世紀末の初期イタリア・オペラは、トッカータやカンツォーナのような簡単な器楽アンサンブルで導入されたが、17世紀中葉のフランスで序曲という表示が初めて用いられ、リュリの貢献によってフランス風序曲が確立した。この型の序曲は、元来付点リズムを特徴とする華麗でゆっくりした部分に模倣様式の速いテンポの部分が続く2部分構成であったが、第1部に関連した緩徐部分が付加されて緩―急―緩の3部分構成が成立した。この序曲は17世紀の間ヨーロッパ各地で非常に好まれ、組曲にも適用された。しかし17世紀末になると、これとはまったく異なったイタリア風序曲が、A・スカルラッティを中心とするナポリ派のオペラに生まれた。シンフォニアsinfoniaとよばれたこの型の序曲は、和声的構造に特徴をもつ速いテンポの第1楽章、美しい旋律の緩徐楽章、舞曲的性格の速い第3楽章から成り立ち、フランスのものとは速度に関して逆の急―緩―急構成を示している。

[寺本まり子]

オペラ用序曲

この両方の型の序曲は18世紀前半まで並存したが、1760年以降交響曲やソナタの発展に伴い、フランス風序曲は衰退した。そしてイタリア風序曲からは第2楽章と第3楽章が消え、第1楽章が通例ソナタ形式で書かれるようになり、オペラ用序曲が成立した。さらにグルックの『アルケスティス』(1767)以来、序曲はオペラ自体の内容と関連づけられるようになり、たとえばモーツァルトの『ドン・ジョバンニ』(1787)や『魔笛』(1791)の序曲は、オペラの重要な音楽素材をあらかじめ引用している。19世紀になると、楽劇を構想したワーグナーは『ローエングリン』(1848)以降オペラ全体の導入楽曲としての序曲を排し、各幕の前に簡潔な前奏曲を置いた。ベルディにもみられるこの傾向は、19世紀中葉以降のイタリア・オペラの典型になった。

[寺本まり子]

単独形式の序曲

導入楽曲として作曲されたこれらの序曲に対して、とくにロマン派の作曲家は、ソナタ形式の単独楽章、または自由な前奏曲として創作した管弦楽曲を序曲と表示した。そのような曲例としては、メンデルスゾーンの序曲『真夏の夜の夢』(1826)やブラームスの『大学祝典序曲』(1880)などが有名である。

[寺本まり子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android