廉直(読み)れんちょく

精選版 日本国語大辞典「廉直」の解説

れん‐ちょく【廉直】

〘名〙 (形動)
① 潔白でなこと。正直で曲がったことをしないこと。また、そのさま。正。
※台記‐久安六年(1150)一一月三〇日「時人孝友廉直
※春鑑抄(1629)「信ある人は、まづ心を廉直(レンチョク)にもちて、一毫もまがりぬることなきぞ」 〔史記‐韓非伝〕
② やすい値段。安価。転じて、安易なこと。手軽なこと。また、そのさま。
※雑俳・川柳評万句合‐安永二(1773)桜四「つき出しの当座れんちょくだらけなり」 〔春渚紀聞‐巻一・貢父馬謔〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「廉直」の解説

れん‐ちょく【廉直】

[名・形動]
心が清らかで私欲がなく、正直なこと。また、そのさま。「廉直な心の持ち主」
安価なこと。また、安易なこと。また、そのさま。「廉直方法を取る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android