コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廉直 レンチョク

デジタル大辞泉の解説

れん‐ちょく【廉直】

[名・形動]
心が清らかで私欲がなく、正直なこと。また、そのさま。「廉直な心の持ち主」
安価なこと。また、安易なこと。また、そのさま。「廉直方法を取る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れんちょく【廉直】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
私欲がなく正直なこと。心が清くまっすぐなこと。また、そのさま。 「 -の士」 「 -な人」
安価な・こと(さま)。 「諸価頗る-なるよし/新聞雑誌 11

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

廉直の関連キーワード練・鍊・廉・恋・憐・戀・攣・斂・煉・練・聯・蓮・連・錬クーパー(James Fenimore Cooper)マグナ・カルタ(抄)ミドロージアンの心臓勅・捗・敕・直東大寺大勧進職価値判断論争アグリコラ伝八条院坊門局大塩平八郎近藤国平吉田経房畠山重忠青砥藤綱菅沼曲翠破廉恥罪北条実時樵談治要上野景範三枝斐子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android