潔い(読み)イサギヨイ

デジタル大辞泉の解説

いさぎよ・い【潔い】

[形][文]いさぎよ・し[ク]
事物・風景などが清らかである。汚れがない。
「―・い朝景色に飽かずに見恍(みと)れている」〈風葉・五反歩〉
思い切りがよい。未練がましくない。また、さっぱりとしていて小気味がよい。「―・く身を引く」「―・く戦う」
道に反するところがない。潔白である。「―・い態度を貫く」
「心ノ―・イ」〈日葡
[派生]いさぎよさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いさぎよい【潔い】

( 形 ) [文] ク いさぎよ・し
卑怯な点や未練がましいところがなく立派である。悪びれない。 「 - ・く責任をとる」
汚れがない。清浄だ。 「瑠璃るりの浄土は-・し/梁塵秘抄」
心やおこないにやましいところがない。潔白だ。 「 - ・き人の心をわれ忘れめや/新古今 神祇
清らかで気持ちがよい。 「堤より田の青やぎて-・き(凡兆)/猿蓑」
[派生] -さ ( 名 )
[句項目] 潔しとしない

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

潔いの関連情報