(読み)カド

デジタル大辞泉の解説

かど【廉】

《「角(かど)」と同語源》特に取り上げるべき事項・箇所。ある事柄の原因・理由となる点。「不審のがある」「反則ので罰せられる」

れん【廉】

[名・形動]
値が安いこと。また、そのさま。安価。廉価。
「治療代の案外―なのを喜んだ」〈漱石
心が清らかで欲が少ないこと。また、そのさま。
「これを避けて用ゐざる事は、実に―なりとやいはん」〈国歌八論

れん【廉】[漢字項目]

常用漢字] [音]レン(呉)(漢) [訓]かど
私欲がなく、けじめがついている。いさぎよい。「廉潔廉直孝廉清廉破廉恥
安い。「廉価廉売低廉
[名のり]おさ・きよ・きよし・すが・すなお・ただし・やす・ゆき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かど【廉】

理由として取り上げる事柄。箇条かじよう。ふし。点。 「謀叛むほんの-で捕らえられる」 「余程気遣ふ可き-あるに相違なし/鉄仮面 涙香

れん【廉】

( 名 ・形動ナリ )
値段が安いこと。またそのさま。 「其価亦頗る-なる由/新聞雑誌 16

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かど【廉】

〘名〙 (「かど(角)」と同系か) 数えたてるべき箇条条理。理由。また、目につく特徴。「不審の廉がある」
※花鏡(1424)比判之事「面白きかどを少々(すくなすくな)と見せて、見物者の心を引き驚かして」
人情本・閑情末摘花(1839‐41)五「今朝、態々(わざわざ)参った旨意(カド)は」

かど‐・む【廉】

〘他マ下二〙 (「かど(廉)」は条理、理由の意) 物事のいきさつ、理由などに注意や関心をはらう。せんさくする。
※史料編纂所本人天眼目抄(1471‐73)三「師云、皆がめうずる処をかとめぬぞと呵責して」

れん【廉】

〘名〙
① かど。すみ。また、かたわら。そば。側近。〔儀礼‐郷飲酒礼〕
② (形動) 心が清らかであること。清く潔白なこと。また、そのさま。
※菅家文草(900頃)三・行春詞「慙愧城陽因勇進、庶幾馮翊以廉称」 〔史記‐蘇秦伝〕
③ (形動) 値がやすいこと。費用が少なくてすむこと。また、安っぽいこと。また、そのさま。安直。
※日本風俗備考(1833)五「其国の産物は、価廉にして」 〔王禹偁‐黄州新建小竹楼記〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

廉の関連情報