コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カド

デジタル大辞泉の解説

かど【廉】

《「角(かど)」と同語源》特に取り上げるべき事項・箇所。ある事柄の原因・理由となる点。「不審のがある」「反則ので罰せられる」

れん【廉】

[名・形動]
値が安いこと。また、そのさま。安価。廉価。
「治療代の案外―なのを喜んだ」〈漱石
心が清らかで欲が少ないこと。また、そのさま。
「これを避けて用ゐざる事は、実に―なりとやいはん」〈国歌八論

れん【廉】[漢字項目]

常用漢字] [音]レン(呉)(漢) [訓]かど
私欲がなく、けじめがついている。いさぎよい。「廉潔廉直孝廉清廉破廉恥
安い。「廉価廉売低廉
[名のり]おさ・きよ・きよし・すが・すなお・ただし・やす・ゆき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かど【廉】

理由として取り上げる事柄。箇条かじよう。ふし。点。 「謀叛むほんの-で捕らえられる」 「余程気遣ふ可き-あるに相違なし/鉄仮面 涙香

れん【廉】

( 名 ・形動ナリ )
値段が安いこと。またそのさま。 「其価亦頗る-なる由/新聞雑誌 16

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

廉の関連キーワード両虎相闘えば勢い俱に生きず阿野廉子(あののれんし)広島県福山市神辺町川北柱に膠して瑟を鼓す新待賢門院(2)黒瀬重右衛門郷挙里選の法刎頸の交わり伊賀局(1)ヨムサンソプ仲小路靄軒粛政廉訪司新待賢門院管茶山旧宅青木常雲新聞雑誌岩井重次恒良親王久世栄通斯波義敏

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

廉の関連情報