正正堂堂(読み)せいせいどうどう

精選版 日本国語大辞典「正正堂堂」の解説

せいせい‐どうどう ‥ダウダウ【正正堂堂】

〘形動タリ〙 (「孫子‐軍争」の「無正正之旗、無堂堂之陣」から)
軍隊などの、陣容が整い意気盛んなさま。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉五「武田氏の兵は正々堂々以て敵に向ひ、而して奇兵一隊急に其間に突出す」
② 態度が正しく立派なさま。公明正大で卑怯な手段をとらないさま。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉五「可厭(いや)だ。正々堂々(セイセイトウトウ)でなくては」
天才である(1906)〈石川啄木〉一「自分は不相変正々堂々たるものである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典「正正堂堂」の解説

正正堂堂

軍隊の陣容が整っていて勢いが盛んな様子。転じて、ひきょうなことをせず、りっぱである様子をいう。

[活用] ―たる・―と・―として。

[使用例] 自分は相変わらず正々堂々たるものである。俯仰して天地ずる所なき大丈夫である[石川啄木*雲は天才である|1906]

[使用例] あたしをまるでスパイだとでも思っているのね。正々堂々としてもらいたいわ。あたしはあなたの妻だったのよ[金達寿*後裔の街|1946~47]

[解説] 「正正」は正しく整っている様子。「堂堂」はりっぱでいかめしい様子。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「正正堂堂」の解説

せいせい‐どうどう〔‐ダウダウ〕【正正堂堂】

[ト・タル][文][形動タリ]
軍隊などの陣構えが整い、勢いが盛んなさま。
「―と北京へ駐在する事にするよ」〈漱石虞美人草
態度や手段が正しくりっぱなさま。「正正堂堂と戦う」
[類語]堂堂大手を振るスポーツマンシップ潔い潔癖高潔潔白清純純潔廉直清廉廉潔貞潔毅然きっぱり断固断然断じて頑として屹度きっとびしびし心を鬼にするでんとどっしりどっかとどっかり冷静沈着平静悠揚悠然泰然綽然しゃくぜん自若悠悠浩然腰を据える太っ腹広い寛闊かんかつ寛大寛容寛弘かんこう広量大様おおよう大らかおっとりさりげない何気ないそれとなくそれとなしに何心ない遠回し気軽い何とはなし鷹揚おうよう磊落らいらく開豁かいかつ闊達豪胆豪放剛毅放胆大胆雅量大量泰然自若肝が据わる腹が据わる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android