正正堂堂(読み)せいせいどうどう

精選版 日本国語大辞典の解説

せいせい‐どうどう ‥ダウダウ【正正堂堂】

〘形動タリ〙 (「孫子‐軍争」の「無正正之旗、無堂堂之陣」から)
① 軍隊などの、陣容が整い意気盛んなさま。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉五「武田氏の兵は正々堂々以て敵に向ひ、而して奇兵一隊急に其間に突出す」
② 態度が正しく立派なさま。公明正大で卑怯な手段をとらないさま。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉五「可厭(いや)だ。正々堂々(セイセイトウトウ)でなくては」
※雲は天才である(1906)〈石川啄木〉一「自分は不相変正々堂々たるものである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいせい‐どうどう〔‐ダウダウ〕【正正堂堂】

[ト・タル][文][形動タリ]
軍隊などの陣構えが整い、勢いが盛んなさま。
「―と北京へ駐在する事にするよ」〈漱石虞美人草
態度や手段が正しくりっぱなさま。「正正堂堂と戦う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

四字熟語を知る辞典の解説

正正堂堂

軍隊の陣容が整っていて勢いが盛んな様子。転じて、ひきょうなことをせず、りっぱである様子をいう。

[活用] ―たる・―と・―として。

[使用例] 自分は相変わらず正々堂々たるものである。俯仰して天地ずる所なき大丈夫である[石川啄木*天才である|1906]

[使用例] あたしをまるでスパイだとでも思っているのね。正々堂々としてもらいたいわ。あたしはあなたの妻だったのよ[金達寿*後裔の街|1946~47]

[解説] 「正正」は正しく整っている様子。「堂堂」はりっぱでいかめしい様子。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android