弁慶ヶ穴古墳(読み)べんけいがあなこふん

国指定史跡ガイドの解説

べんけいがあなこふん【弁慶ヶ穴古墳】


熊本県山鹿市熊入町にある古墳。県北部の熊入(くまいり)台地の西端にあり、山鹿市立八幡小学校の南隣に位置する装飾古墳。1956年(昭和31)に国の史跡に指定された。古墳時代後期の終わりに築造された前方後円墳と考えられ、南面した古墳の前方部はほとんど失われ、直径15m、高さ5.7mの後円部が円墳の形で残っている。石室は西南に羨門(せんもん)をもつ横穴式石室で、阿蘇凝灰岩の巨石で造られ、羨道(せんどう)、前室後室からなる。石室の入り口には人物像の浮き彫りがあり、前室の壁面に円文、菱形文、三角文を複合した幾何学的な文様のほか、5頭の馬と人物、馬を乗せた舟、鳥と積み荷と舟、騎馬像などの絵が描かれている。特色ある表現は古墳壁画のなかでも優れており、この古墳はチブサン古墳と同様にわが国を代表する装飾古墳の一つとされている。JR鹿児島本線玉名駅から産交バス「八幡小学校前」下車、徒歩約10分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弁慶ヶ穴古墳
べんけいがあなこふん

熊本県山鹿(やまが)市熊入(くまいり)、熊入温泉街の背後に横たわる台地の南端にある円墳。直径15メートル、高さ5.7メートルを有する。内部に総奥行9.8メートル、幅2.6メートルの複室からなる横穴式石室がある。後室奥壁には石棚を兼ねた巨大な石屋形(いしやかた)を、前室には左右二区の屍床(ししょう)をそれぞれ設ける。羨道(せんどう)の左壁には人物像を浮彫りにし、前室羨門(せんもん)内側の両袖(そで)石壁には舟と馬を赤で描き、前室右壁には赤と黄で鳥と苫舟(とまぶね)や舟に乗った馬を、左壁には大小の馬、舟、靭(ゆき)などを赤で描く。後室に通じる羨門の左袖石には同心円と舟に乗った馬、靭、騎馬人物などを赤で描き、右袖石には赤・青・白で三角形や菱(ひし)形などの連続文、および同心円文や円文を表す。おそらくもとは後室にも壁画があったのであろう。1955年(昭和30)の調査時に須恵器(すえき)や馬具、刀装具、装身具などの残欠が出土し、それらは6世紀後半のものであった。56年国史跡に指定された。[乙益重隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例