コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付(け)目 ツケメ

デジタル大辞泉の解説

つけ‐め【付(け)目】

つけこめるすきや、利用できるような弱点。「捕手の弱肩が付け目だ」
めざすところ。ねらいどころ。めあて。「財産が付け目の結婚」
カルタやさいころの賭博(とばく)で、ねらいをつけた札や采(さい)の目。
「四五人寄り合ひ、―の跡で置かぬかと、貫き銭の音は小勝負なり」〈浮・諸艶大鑑・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android