形見分け(読み)かたみわけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

形見分け
かたみわけ

片身分けとも書く。故人の遺言や遺族の意志で,死者が愛用していた遺品を親戚縁者に分配すること。衣類など身代りになるようなものが多いのでスソワケともいう。四十九日,百ヵ日以内に分けられるのが普通である。着物のなかに死者の霊が宿ると考えられていた時代の名残りで,遺産分割の意味も含んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かたみわけ【形見分け】

忌明けの四十九日,あるいは葬式の翌日に死者の所持品を親族などに分けること。群馬県桐生の俚言に〈くしは縁切り,かんざしはかたみ,指輪は当座の縁つなぎ〉というのがあり,かんざしを形見分けにすることがあった。しかし,形見分けの対象のほとんどが衣類である。《栄花物語》にも〈あはれなる御形見の衣は〉と見えている。衣類に死者の魂がこもると考えられたからであるが,衣類が簡単に手に入るものでなく,貴重な財産でもあったからである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かたみわけ【形見分け】

( 名 ) スル
故人の残した物を形見として近親者に分けること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

形見分け
かたみわけ

死者生前の衣類や持ち物を近親などに分与すること。片見分けとも書く。期日は一定しないが、三十五日目や四十九日(しじゅうくにち)目など、忌明けの機会にすることが多い。形見分けは、今日では単なる遺産分割、あるいは故人をしのぶための記念物の配分にすぎないが、以前は死者の霊魂を継承するため、もしくは「あやかる」ための行為で、それゆえに霊魂のこもりやすいと考えられた衣類を用いることが多かった。ことに袖(そで)の部分に意味があるという考えから、大分県や愛媛県の一部では、形見分けを「袖分け」という。「垢(あか)つき」「お手汚し」「裾(すそ)分け」などというのも、死者が直接肌(はだ)につけていた衣類を分配したところからの名称であり、中部地方から西日本にかけて多い「しょうぶわけ」系統の言い方は、江戸時代語の「所務(しょむ)分け」の変化である。本来の趣旨からいって、特別の希望のない限り、目上の人には分けないのが礼儀である。[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

形見分けの関連情報