コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俚言 りげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

俚言
りげん

共通語にはない,方言特有の語彙で,里言とも書く。ベコ (牛) ,イラウ (さわる) など,世間一般に方言といっているものにほぼあたる。東条操は,「方言」を一地域における言語の全体であって,共通語と同じ要素をも含む音韻・文法・語彙の総体であるとし,方言特有の語彙は言として区別した。この意味では俚言は方言の一部である。俚言は必ずしも分布領域が狭いとは限らず,行われていないのが事実上中央部だけのために俚言とされるものもある。訛語は発音上の差異を問題にし,語根そのものを異にする俚言とは区別されるが,その境界は曖昧である。なお『俚言集覧』などの俚言は,雅言に対して日常普通に用いる口語の意味である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

り‐げん【×俚言】

俗間に用いられる言葉。里人の言葉。俗言。俚語。→雅言
その土地特有の単語や言い回し。俚語

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りげん【俚言】

俗間で使われる言葉。また、土地のなまり言葉。俗言。俚語。 → 雅言
(一地方の言語全体を方言というのに対して)共通語では使われない、ある地方特有の単語や言い方。俚語。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の俚言の言及

【方言】より

…普通は場所による違い(地域方言)を指すが,欧米では社会階層,職業による違い(社会方言)をも〈方言〉ということがある。
【方言の概念とその周辺】

[方言と俚言・訛]
 学問的には〈方言〉を,ある地域で使われる言葉の全体を指す用語として使う。しかし一般に〈方言〉というと,個々の単語,しかも共通語と語形の違うものを指していうことも多い。…

※「俚言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

俚言の関連キーワード国語辞典(日本)才六・采六・賽六音合わせ・音合せ坐り餅・坐り餠レオン クレダちゃちゃくる沖を越える佐々木弘綱佐佐木弘綱俚び言葉揺すり字物類称呼太田全斎国語辞典雅言集覧田舎言葉焼け誇り手の窪冬牡丹ドーザ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android