コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤環爾 ごとう かんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤環爾 ごとう-かんじ

1871-1936 明治-昭和時代前期の僧。
明治4年4月1日生まれ。浄土真宗本願寺派。明治35年京都本山教学所にはいり,38年東京築地本願寺勤務となり,関東大震災後は同寺の再建につくす。昭和4年本山執行長。また千代田高女(武蔵野女子大の前身)などを創立した。昭和11年2月23日死去。66歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。仏教大(現竜谷大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

後藤環爾の関連キーワードマキノ雅広斎藤寅次郎清水宏スペイン内戦廃藩置県山本嘉次郎[各個指定]工芸技術部門新教育バラングルートヘニー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android