コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徒弟法 とていほう

2件 の用語解説(徒弟法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

徒弟法【とていほう】

1563年,エリザベス1世治世のイングランドで制定された社会政策立法。おりから農村における囲い込みの進展によって土地を追われた農民があふれ,さらにアントワープ市場の崩壊にともない毛織物工業にも深刻な不況が訪れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とていほう【徒弟法 Statute of Apprentices】

1563年に発布されたイギリスの労働立法。正式名称は〈職人,日雇い,農事奉公人および徒弟に対する諸命令に関する法律〉で,〈職人法Statute of Artificers〉とも略称される。全文35条よりなり,おおむね以下の内容をもつ。第1に,農村人口の流出を阻止し,都市手工業を保護して,農村工業の展開を抑えるために雇用契約の条件を規定した。そのために,期間1年未満の雇用契約や治安判事の許可を得ないで契約期間内に解雇することなどを禁じ,解雇・期間満了後の労働者の移動をも厳しく制限した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

徒弟法の関連キーワードイギリス経験論イギリス放送協会イギリス連邦首長令イギリス国教会イギリスオランダ戦争国際労働機関憲章イギリス巻イギリス組曲イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone