コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御前帳 ごぜんちょう

世界大百科事典 第2版の解説

ごぜんちょう【御前帳】

貴人の手元に掌握された重要帳簿。貴人の性格,帳簿の種類は多様で,例えば江戸時代には,幕領関係の勤方(つとめかた)帳村鑑(むらかがみ)大概帳や幕政関係の郷帳などが,将軍に上納されその座右に備用されるという意味ですべて御前帳と呼ばれた。また戦国大名後北条氏の場合は当主決裁の所領役帳を指し,さらに御前帳の用例は中世史料にまでさかのぼる。これらの中でとくに注目されるのは,近世初頭の統一政権が国郡図(国絵図)とともに掌握した国家的土地台帳としての御前帳で,豊臣秀吉の1591年(天正19),徳川家康による1605年(慶長10)の徴集は有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の御前帳の言及

【安土桃山時代】より

…このときには奥羽・松前の大名までも肥前名護屋に参陣している。 秀次による国郡制的な統治を象徴するものは,御前帳の作成と人掃令の発布である。御前帳の作成は秀吉が関白のときに企図されたものであるが,検地によって定められた石高(朱印高)を郡―国ごとに集計し,絵図を添えたものである。…

【郷帳】より

…郡ごとに村名とその石高を書き上げ,一国単位でまとめたものである。徳川家康は豊臣秀吉の天正御前帳,国絵図徴収にならって,1604年(慶長9)慶長国絵図と御前帳を徴収した。秀吉の御前帳が膨大な量の検地帳であったのに対し,家康のそれは郷帳である。…

【石高制】より

…石高が土地生産力の高下を直接に表示するとは限らないのである。
[石高制の成立]
 1591年秋,関白秀吉は日本全土に対し,一国単位で御前帳を徴収することを指令した。これは,郡ごとに石高(秀吉が朱印状で公認した石高)を調査して絵図(郡図)を添え,国単位にまとめられて京都の聚楽第に送られた。…

【境】より

… こうした中世における境の性格・特徴は,近世にも大なり小なり引き継がれていったと思われるが,近世の境を特徴づけるのは,なんといっても国郡制的な行政区分であろうと思われる。豊臣秀吉が叡覧にそなえるという名目で作成・提出を命じた日本全国の御前帳国絵図などによって,国土の全体が把握され,国郡制的な行政単位によって国内の境が整理されるに至った。江戸幕府もまたそれを継承し,おもなものだけでも慶長・正保・元禄・天保の各時期に国絵図と郷帳を徴収した。…

※「御前帳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御前帳の関連キーワード貴人

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android