コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御座んす ゴザンス

デジタル大辞泉の解説

ござん・す【御座んす】

[動サ特活]《「ござります」の音変化》
「来る」「行く」「いる」の意の尊敬語。いらっしゃる。
「あれ梅川様の―・した。なう、よい所へ来てくだんした」〈浄・冥途の飛脚
「ある」の意の丁寧語。ございます。
「祝儀とて殿達からくださんすことも―・す」〈難波鉦・二〉
(補助動詞)
㋐補助動詞「いる」の意の尊敬語。…でいらっしゃる。
「ここへ隠れて―・せ」〈浄・冥途の飛脚
㋑補助動詞「ある」の意の丁寧語。…でございます。
「羽織だけ替えて行かれたようで―・す」〈一葉・われから〉
「否(いや)か応かが生き死にの大事の返事で―・する」〈浄・博多小女郎
[補説]活用は「御座ります」に同じ。近世、遊女言葉から出て、一般女性間にも流行し、のちには男性も用いるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ござんす【御座んす】

( 動サ特活 )
〔「ござります」の転。遊女言葉から出た語。近世語〕
「行く」「来る」の意の尊敬語。いらっしゃる。おいでになる。 「それが定なら晩に寝所へ-・すか/浄瑠璃・冥途の飛脚
「いる」の意の尊敬語。いらっしゃる。おいでになる。 「それ故この子も屋敷に-・す/浄瑠璃・御曹子初寅詣」
「ある」の意の丁寧語。ございます。 「おめへ今ほれたものはねえといつたぢやねえか。たつたひとり-・すよ/洒落本・傾城買四十八手」
(補助動詞)
「いる」の意の尊敬語。 「お客まつまの酒事ささごと、けんをして-・する/浄瑠璃・冥途の飛脚
「ある」「いる」の意の丁寧語。 「みんなこしらへ事さ。ただでも読むがめんどうで-・す/黄表紙・艶気樺焼」 〔活用は「ござります」に同じ〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御座んすの関連キーワード不審を立てる捲し掛ける補助動詞丁寧語尊敬語冥途両為

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android