コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御木徳一 みき とくはる

3件 の用語解説(御木徳一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

御木徳一 みき-とくはる

1871-1938 明治-昭和時代前期の宗教家。
明治4年1月27日生まれ。大阪で金田徳光(とくみつ)の徳光教にはいる。徳光の没後,御岳教(おんたけきょう)人道徳光教会を設立。昭和6年ひとのみち教団と改称,12年不敬罪で起訴された。昭和13年7月6日裁判途中で死去。68歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みきとくはる【御木徳一】

1871~1938) 宗教家。愛媛県生まれ。禅僧から還俗し、金田徳光の徳光教教会教師となる。1924年(大正13)子の徳近と人道徳光教を開教して大阪を中心に布教、31年(昭和6)にひとのみち教団と改称。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御木徳一
みきとくはる
(1871―1938)

新宗教「ひとのみち教団」の教祖。明治4年1月27日、愛媛県松山市に生まれ、8歳で禅門に入り、仏道修行に精進(しょうじん)し、22歳で郷里松山の安楽寺住職となった。ついで1902年(明治35)恩師福山大道の後を継いで安城寺住職となったが、安城寺は借金の多い貧乏寺で、経済的に窮迫していた。寺の財政再建に失敗した徳一は還俗(げんぞく)し、大阪に転居した。そこで徳光(とくみつ)教教祖金田(かねだ)徳光(1863―1919)に会い、その教えを受け修行に励み、ついに悟道に入り、24年(大正13)「ひとのみち教団」を創始した。しかし、37年(昭和12)軍部の弾圧により教団を解散させられ、獄中で病にかかり、38年7月6日帰幽(きゆう)した。諡(おくりな)は天水海日顕(あまみずうみひあらわるひこのみこと)。なお、「ひとのみち教団」は46年再建し、PL教団となり、74年パーフェクト リバティー教団に改称した。[川島通資]
『御木徳近著『教祖伝 わが父』(1970・芸術生活社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の御木徳一の言及

【PL教団】より

…御木徳一(とくはる)(1871‐1938)と御木徳近父子の開教した〈ひとのみち〉教団(1924年人道徳光教として創立,31年改称)が,1937年に解散させられたため,46年徳近がPL教団の名称で再建した新宗教。72年〈パーフェクト・リバティー〉,74年〈パーフェクト・リバティー教団〉と改称。…

※「御木徳一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

御木徳一の関連キーワード廃藩置県珪藻土直木賞歴史小説近衛声明芥川賞亡命文学麦と兵隊新教育高田藩

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone