御母衣ダム(読み)みぼろダム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御母衣ダム
みぼろダム

岐阜県北西部,庄川上流にある発電専用ダム。東洋一ロックフィルダム (岩石を構成材料とするダム) で,5ヵ年の歳月と総工費 400億円を費やし 1961年完成。堰堤の高さ 131m,長さ 405m,有効貯水量3億 3000万m3有効落差 192.1mで,発電所の最大出力 21万 5000kW。付近の白川郷とともに観光地となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

御母衣ダム【みぼろダム】

岐阜県大野郡白川村,庄川上流の発電用ダム。1961年完成した日本最初の本格的ロックフィルダムで,堤高131m,堤長405m,有効貯水量3億3000万m3は最大級。ダム直下の地下90mに最大出力21万5000kWの御母衣第1発電所がある。付近の白川郷とともに観光地となっている。
→関連項目庄川白川[村]ロックフィルダム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みぼろダム【御母衣ダム】

庄川上流の岐阜県大野郡白川村にある発電専用のロックフィルダム。電源開発(株)によって1961年完成された。高さ131m,堤頂長405m,堤体積795万m3,貯水池(御母衣湖)の湛水(たんすい)面積8.8km2,総貯水量3億7000万m3,有効貯水量3億3000万m3。ダム直下の地下に最大出力21万5000kWの御母衣第1発電所がある。日本において初めての本格的なロックフィルダムで,ロック材は堅硬な大塊を高所から落下させて石と石とのかみ合せをよくするなどの慎重な施工が行われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御母衣ダム
みぼろだむ

岐阜県飛騨(ひだ)地方の西部を北流する庄(しょう)川の上流にある、わが国最初の大規模ロックフィルダム。ダム建設地の地質は複雑で、地下に断層があり、軟弱であるため、堰堤(えんてい)をコンクリートにするより安全で経済的な工法として、石と粘土を積み上げて建設された。本格的な工事は1957年(昭和32)に始まり、1961年に竣工(しゅんこう)した。ダムの堰堤は高さ131メートル、長さ405メートル、体積約800万立方メートル。貯水面積8.8平方キロメートル、満水時の標高760メートル。また、庄川左岸の地下につくられた御母衣第一発電所は、有効落差192メートル余、最大使用水量毎秒130トンにより、最大出力21万5000キロワット。このダム建設に伴い、約250戸の人々が先祖伝来の土地を離れて、村外へ立ち退かねばならなかった。さらに、庄川の支流にあたる大白川(おおしらかわ)の上流、標高1230メートルの地点にもロックフィルダムが築かれた。この大白川ダムに蓄えられた水は、東の福島谷に導かれ、476メートルの有効落差によって5万9200キロワットの発電に利用され(御母衣第二発電所)、そのあとの放流水は御母衣ダムに送られる。なお、ダムの建設資金は、世界銀行からの借款と、政府による第二次世界大戦後初の外債発行によるところが大きかった。[上島正徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の御母衣ダムの言及

【ダム】より

…高さ235m),日本最初のロックフィルダムである石淵ダム(岩手県。高さ53m),御母衣ダム(岐阜県。高さ131m),高瀬ダム(長野県。…

※「御母衣ダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android