コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目明 めあかし

1件 の用語解説(目明の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

目明
めあかし

御用聞,小者などともいう。江戸時代町奉行配下の諸役人の手先として悪人の探索などを助けた者。江戸では岡引 (おかっぴき) といった。犯罪者に共犯,他の悪人を指名させその罪科を相殺したことより始り,それが次第に職業化した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

目明の関連キーワード江戸町奉行北町奉行御用聞き御用達仁助御用紙目明し池田長恵御用聞沢庵漬け

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

目明の関連情報