コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目明 めあかし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

目明
めあかし

御用聞,小者などともいう。江戸時代町奉行配下の諸役人の手先として悪人探索などを助けた者。江戸では岡引 (おかっぴき) といった。犯罪者に共犯,他の悪人を指名させその罪科を相殺したことより始り,それが次第に職業化した。悪事に通じているので探索などに便利であったが,一方その地位を利用して庶民に迷惑をかけることが多かった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

目明の関連キーワード世の中は盲千人目明き千人目明き千人盲千人名古屋鉄道[株]盲千人目明き千人捕り物帳・捕物帳大前田英五郎坂下門外の変山田右衛門作長谷部言人石舞台古墳明石[市]昭憲皇太后尾上 松緑半七捕物帳国連大学明石海峡バライロ佐竹義和山内容堂ブラウン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目明の関連情報