コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目明 めあかし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

目明
めあかし

御用聞,小者などともいう。江戸時代町奉行配下の諸役人の手先として悪人の探索などを助けた者。江戸では岡引 (おかっぴき) といった。犯罪者に共犯,他の悪人を指名させその罪科を相殺したことより始り,それが次第に職業化した。悪事に通じているので探索などに便利であったが,一方その地位を利用して庶民に迷惑をかけることが多かった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

目明の関連情報