コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御蓋山(読み)みかさやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御蓋山
みかさやま

三笠山とも書く。奈良市の市街地東部にある山。標高 283m。山体はおもに三笠山安山岩から成り,春日断層崖北端に噴出した若草火山岩丘群に属する。東に連なる花山 (狭義の春日山) ,芳山とともに春日山と総称され,原生林でおおわれる。奈良公園の一部で,奈良時代から歌にも詠まれ,文学的にも有名。北方に続く若草山を俗に三笠山と呼んでいるため,よく混同される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みかさやま【御蓋山】

奈良県奈良市東部,春日大社背後の山。標高293m。三笠山,御笠山とも書き,春日山の前山で,この山自体を春日山ともいう。笠を伏せたような山容をしていることからこの名がある。三笠火山群に属し,安山岩が噴出,のちに浸食をうけた二次的な山である。春日社の神域として狩猟や伐採が禁じられたため原始林(特天)におおわれ,ナギの林は有名。阿倍仲麻呂の歌〈天の原ふりさけみれば春日なる三笠の山に出でし月かも〉(《古今集》巻九)によって知られるが,《万葉集》にも〈高座(たかくら)の御笠の山〉〈大君の御笠の山〉とうたわれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の御蓋山の言及

【春日山】より

…奈良公園の東方にあって〈青垣〉をなす。前山をなすのが御蓋(みかさ)山(293m)で,この山を春日山と呼び(国土地理院地形図),その奥にある花山(498m。時には芳山(ほやま)を含めることもある)を春日奥山として区別したり,あるいはその全体を春日山と呼んだりもする。…

※「御蓋山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御蓋山の関連情報