主従制(読み)しゅじゅうせい

世界大百科事典 第2版の解説

しゅじゅうせい【主従制】

主人と従者,主君と家臣間の支配と服属の関係のしくみ。日本において古代より近代に至るまでみられるが,社会制度としてはとくに中世・近世の武家における封建的主従関係が代表的なものといえる。平安中期に発生した武士の社会において,地方の領主である主人とその家人との間にはきわめて一方的・隷属的な支配服従関係が存在した。しかし武士団の統合,発展の経過の中で一方には比較的緩やかな主従関係も存在した。鎌倉幕府の成立によって武家の棟梁である将軍源頼朝と地方領主である御家人との間に形成された主従関係も基本的には人身支配の原理が存在していたが,地方領主の御家人化の経緯が多様であったのに対応してその結合にも強弱があり,服属度の強い御家人と弱い御家人,個別的・直接的な関係で結合したものと守護等有力御家人を通じて間接的な関係で結合したものとがあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

主従制
しゅじゅうせい

主人と従者との間に結ばれる支配・服属の関係。主人が従者に与える恩恵(御恩(ごおん))と、主人に対する従者の奉仕(奉公(ほうこう))とによって構成され、とくに武士の間で発達したが、貴族・農民・商工業者にもみられた。武士の主従制は本来私的なものであるが、その成立に国家公権が媒介となっている場合があり、また私的な結合である主従制が、国家権力への奉仕に大きな役割を果たす場合もあった。御恩の中心は本領安堵(ほんりょうあんど)・新恩給与など土地の給与であったが、これと並んで朝廷の官位への推挙も御恩の一種と考えられていた。主人が従者に与える所領も、合戦で敵方所領を奪取した場合とともに、謀叛人の所領を国家が没収して、追討軍の主将に一括給与し、さらに主将から従者たちに分与するような場合もあった。源平合戦では所領・官位ともに御恩の対象となったが、1189年(文治5)の奥州合戦以後は所領給与のみとなった。後醍醐天皇は当初は所領給与を主としたが、のちには官位の給与をも復活した。
 奉公は戦時の従軍や平時の大番役(おおばんやく)など、軍事的奉仕が主であるが、部分的には財政的負担もあった。また、主従結合は重層的で、上級領主(鎌倉殿などの武家の棟梁)と在地領主(御家人など)の結合と、在地領主とその郎等(ろうとう)の結合とでは性格を異にし、前者がゆるやかであるのに対し、後者では従者である郎等の隷属性が強かった。戦国時代から近世初期にかけて、従者の従属性が強まったが、その場合儒教思想が大きな役割を果たしている。[上横手雅敬]
『上横手雅敬著「封建制と主従制」(『岩波講座日本通史9』所収・1994) ▽笠谷和比古編『公家と武家の比較文明史』(2004・思文閣出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android