コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心有り ココロアリ

2件 の用語解説(心有りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こころ‐あ・り【心有り】

[連語]
思いやりがある。
「三輪山をしかも隠すか雲だにも―・らなも隠さふべしや」〈・一八〉
思慮分別がある。道理をわきまえている。
「汝は鳥の王なり。我は獣の王なり。互ひに―・るべし」〈今昔・五・一四〉
情趣・風流を解する。
「むべ山風をなど言ひたるも―・らむと見ゆるに」〈・二〇〇〉
風情がある。風流である。
「雨うち降りたるつとめてなどは、世になう―・るさまにをかし」〈・三七〉
恨み・たくらみ・浮気心などの下心がある。
「わがぬしを酔(ゑ)はし奉るも―・りや」〈宇津保・俊蔭〉
歌学の用語。歌に詩心が深く込められている。有心(うしん)である。→有心2
「させる句にてはなけれども―・りて細きには、一座も面白く付けよきなり」〈連理秘抄

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こころあり【心有り】

( 連語 )
思慮分別がある。物の道理がわかっている。 「少し-・らむ人は、我があたりをさへ疎みぬべかめり/源氏 東屋
思いやりがある。情がある。 「三輪山を然しかも隠すか雲だにも-・らなも隠さふべしや/万葉集 18
趣がある。また、情趣や風雅を解する。 「 - ・る朝ぼらけに急ぎ出でつる車副ひなどこそ/源氏 東屋」 「 - ・らむ人に見せばや津の国の難波わたりの春の景色を/後拾遺 春上
相手にさからうような気持ちをひそかにいだく。下心がある。 「かく親しき御なからひにて、-・るやうならむもびんなくて/源氏 若菜上
歌論や連歌の用語。深い心をこめている。有心体うしんたい。 「常に-・る体の歌を御心にかけてあそばし候べく候/毎月抄」
▽↔ 心無い

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

心有りの関連情報