コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心有り ココロアリ

2件 の用語解説(心有りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こころ‐あ・り【心有り】

[連語]
思いやりがある。
「三輪山をしかも隠すか雲だにも―・らなも隠さふべしや」〈・一八〉
思慮分別がある。道理をわきまえている。
「汝は鳥の王なり。我は獣の王なり。互ひに―・るべし」〈今昔・五・一四〉
情趣・風流を解する。
「むべ山風をなど言ひたるも―・らむと見ゆるに」〈・二〇〇〉
風情がある。風流である。
「雨うち降りたるつとめてなどは、世になう―・るさまにをかし」〈・三七〉
恨み・たくらみ・浮気心などの下心がある。
「わがぬしを酔(ゑ)はし奉るも―・りや」〈宇津保・俊蔭〉
歌学の用語。歌に詩心が深く込められている。有心(うしん)である。→有心2
「させる句にてはなけれども―・りて細きには、一座も面白く付けよきなり」〈連理秘抄

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こころあり【心有り】

( 連語 )
思慮分別がある。物の道理がわかっている。 「少し-・らむ人は、我があたりをさへ疎みぬべかめり/源氏 東屋
思いやりがある。情がある。 「三輪山を然しかも隠すか雲だにも-・らなも隠さふべしや/万葉集 18
趣がある。また、情趣や風雅を解する。 「 - ・る朝ぼらけに急ぎ出でつる車副ひなどこそ/源氏 東屋」 「 - ・らむ人に見せばや津の国の難波わたりの春の景色を/後拾遺 春上
相手にさからうような気持ちをひそかにいだく。下心がある。 「かく親しき御なからひにて、-・るやうならむもびんなくて/源氏 若菜上
歌論や連歌の用語。深い心をこめている。有心体うしんたい。 「常に-・る体の歌を御心にかけてあそばし候べく候/毎月抄」
▽↔ 心無い

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心有りの関連キーワードイヤリング思い遣り仁慈仁恕ひいやりほいやりぼいやり御諸つくカインド仁知

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

心有りの関連情報