コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

快天山古墳 かいてんやまこふん

2件 の用語解説(快天山古墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいてんやまこふん【快天山古墳】

香川県綾歌郡綾歌町栗熊東に所在する前方後円墳。讃岐中部の平野を西にのぞむ横山山塊の南端に,北東面して築かれる。全長100m,後円部径65mをはかる。ただし,前方部端の位置は明確でない。葺石(ふきいし),埴輪をそなえる。1950,51両年に,後円部で3基の割竹形石棺を発掘した。いずれの石棺も作りつけ石枕をそなえる。竪穴式石室様の施設で被覆した1号石棺から中国製方格規矩鏡,玉類,石釧(いしくしろ),刀剣,鉄鏃,農工具が,粘土と板石とで被覆した2号石棺から仿製内行花文鏡,管玉,剣,斧,刀子が,粘土で被覆した3号石棺から仿製内行花文鏡,剣,鉄鏃が,また同棺外から壺形土器それぞれ出土した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国指定史跡ガイドの解説

かいてんやまこふん【快天山古墳】


香川県丸亀市綾歌町にある古墳。香川県のほぼ中央部の横山山麓から南に向かって派生する尾根の先端に位置する。1950年(昭和25)、地元の中学生が露出した石棺を発見し、その後の発掘調査により、全長98.8mの前方後円墳であることが明らかとなった。墳丘は段築構造で、斜面部には葺石(ふきいし)が葺かれ、テラス部には円筒埴輪(はにわ)が並べられている。後円部に2基の竪穴(たてあな)式石室と1基の粘土槨(かく)の埋葬施設が確認された。いずれも刳()り抜き式の割り竹形石棺が納められている。割り竹形石棺は、古墳時代前期の讃岐地域を中心とした形式で、これを採用した古墳の中では最古期に位置づけられる。副葬品として、第1号石棺からは獣帯方格規矩(きく)四神鏡、鉄剣、鉄斧(てっぷ)・鉄鑿(のみ)、刀子、管玉(くだたま)・勾玉(まがたま)など、第2号石棺からは仿(ぼう)製内行花文鏡片・鉄剣、鉄斧(てっぷ)、刀子、管玉など、第3号石棺からは仿製内行花文鏡、鉄剣などが出土した。埴輪の特徴や副葬品などから、古墳の築造年代は4世紀中ごろと考えられている。2004年(平成16)に国の史跡に指定された。高松琴平電鉄琴平線栗熊駅から徒歩約10分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

快天山古墳の関連キーワード香川県丸亀市綾歌町岡田上香川県丸亀市綾歌町岡田下香川県丸亀市綾歌町岡田西香川県丸亀市綾歌町岡田東香川県丸亀市綾歌町栗熊西香川県丸亀市綾歌町栗熊東香川県丸亀市綾歌町富熊香川県丸亀市浜町香川県丸亀市本町香川県丸亀市港町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

快天山古墳の関連情報