コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

快天山古墳 かいてんやまこふん

世界大百科事典 第2版の解説

かいてんやまこふん【快天山古墳】

香川県綾歌郡綾歌町栗熊東に所在する前方後円墳。讃岐中部の平野を西にのぞむ横山山塊の南端に,北東面して築かれる。全長100m,後円部径65mをはかる。ただし,前方部端の位置は明確でない。葺石(ふきいし),埴輪をそなえる。1950,51両年に,後円部で3基の割竹形石棺を発掘した。いずれの石棺も作りつけ石枕をそなえる。竪穴式石室様の施設で被覆した1号石棺から中国製方格規矩鏡,玉類,石釧(いしくしろ),刀剣,鉄鏃,農工具が,粘土と板石とで被覆した2号石棺から仿製内行花文鏡管玉,剣,斧,刀子が,粘土で被覆した3号石棺から仿製内行花文鏡,剣,鉄鏃が,また同棺外から壺形土器がそれぞれ出土した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

かいてんやまこふん【快天山古墳】


香川県丸亀市綾歌町にある古墳。香川県のほぼ中央部の横山山麓から南に向かって派生する尾根の先端に位置する。1950年(昭和25)、地元の中学生が露出した石棺を発見し、その後の発掘調査により、全長98.8mの前方後円墳であることが明らかとなった。墳丘は段築構造で、斜面部には葺石(ふきいし)が葺かれ、テラス部には円筒埴輪(はにわ)が並べられている。後円部に2基の竪穴(たてあな)式石室と1基の粘土槨(かく)の埋葬施設が確認された。いずれも刳()り抜き式の割り竹形石棺が納められている。割り竹形石棺は、古墳時代前期の讃岐地域を中心とした形式で、これを採用した古墳の中では最古期に位置づけられる。副葬品として、第1号石棺からは獣帯方格規矩(きく)四神鏡、鉄剣、鉄斧(てっぷ)・鉄鑿(のみ)、刀子、管玉(くだたま)・勾玉(まがたま)など、第2号石棺からは仿(ぼう)製内行花文鏡片・鉄剣、鉄斧(てっぷ)、刀子、管玉など、第3号石棺からは仿製内行花文鏡、鉄剣などが出土した。埴輪の特徴や副葬品などから、古墳の築造年代は4世紀中ごろと考えられている。2004年(平成16)に国の史跡に指定された。高松琴平電鉄琴平線栗熊駅から徒歩約10分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

快天山古墳の関連キーワード綾歌[町]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android