コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性鼻炎・慢性鼻炎 きゅうせいびえんまんせいびえん

1件 の用語解説(急性鼻炎・慢性鼻炎の意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

きゅうせいびえんまんせいびえん【急性鼻炎・慢性鼻炎】

《どんな病気か?》
急性鼻炎鼻かぜ慢性鼻炎は骨の形状不良で起こる〉
 急性鼻炎(びえん)とは、鼻腔(びくう)(鼻のあな)の粘膜(ねんまく)に生じた急性の炎症です。くしゃみや水のような鼻みず、鼻づまりの症状が急に起こり、ひどくなると頭痛や頭重(ずじゅう)、発熱をともない、においもわかりにくくなります。
 原因は多くの場合、ウイルスや細菌の感染によって起こる、いわゆる鼻かぜです。
 そのほか、粉塵(ふんじん)や刺激性のガスを吸入したときにも起こることがあります。
 慢性鼻炎は、鼻腔の粘膜が腫(は)れて空気の通り道が狭くなり、鼻づまりや鼻みずが多くなった状態です。
 重症になると、いつも鼻がつまって、鼻で呼吸することができなくなり、のどがかわいて痛んだり、頭重、睡眠障害が起こったりすることもあります。
 おもな原因は、鼻腔の骨や軟骨の形に問題があって呼吸がうまくいかず、粘膜が腫れるためと考えられています。
《関連する食品》
レバー、シソ油などの食品で鼻の粘膜をまもる〉
○栄養成分としての働きから
 鼻炎には、粘膜の成分になるビタミンAや、粘膜の炎症を抑える働きのあるα(アルファ)リノレン酸がよいとされています。
 体内でビタミンAにかわるカロテンを含む食品は、コマツナニンジンシュンギクホウレンソウなどの緑黄色野菜です。
 また、はじめからビタミンAのかたちで動物性食品に含まれるレチノールは、鶏、牛、豚のレバーやウナギといった魚、チーズ、たまご、牛乳などに豊富です。
 α―リノレン酸は、シソや海藻類などに含まれています。
 しかし、野菜に含まれるα―リノレン酸の量はごく微量なので、シソの種子からとれるシソ油や、シソ科の1年草であるエゴマからつくるエゴマ油などの食用油を調理に使うと効率よくとることができます。
○注意すべきこと
 ただし、α―リノレン酸を含む油は、とても酸化しやすい性質があります。したがって、揚げものや炒(いた)めもののように、加熱する料理に利用するよりも、和えものやサラダドレッシングなど生食に利用するようにしましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

急性鼻炎・慢性鼻炎の関連キーワード鼻炎肥厚性鼻炎アレルギー性鼻炎膵炎アレルギーマーチ何心地鼻カタル不死身プリマドンナ病は気から

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone