コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性比 せいひsex ratio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

性比
せいひ
sex ratio

同一種内での雌と雄の個体数の比率。性比は普通雌個体1または 100に対する雄個体の割合,あるいは全個体数に対する雄 (まれに雌) 個体数の百分率で表わす。性比は雌雄間の死亡率の差によって年齢に従って変化する。受精卵でのものを一次性比,出生時のものを二次性比,その後のものを三次性比として区別する。ヒトの場合,前2者では男が多いが三次性比では女が多い。性染色体による通常の性決定様式による場合には,雌雄はほぼ同数生じ,性比は 1:1 となるはずであるが,実際にはこのとおりにならない場合がある。この原因としては,たとえば性染色体が XY型であれば2型の精子の運動力の差による受精競争の差などが考えられ,また環境要因の影響も知られている。また性比が最もかたよるのはアリマキなどのように単為生殖で雌だけが生れる場合などである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せい‐ひ【性比】

同一種の雌雄の個体数の比率。ふつう雌個体数を1または100とし、それに対する雄個体の比で表す。人間では出生時に男性のほうが多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

性比【せいひ】

雌雄の数の割合。普通,雌の数100(または1)に対する雄の割合,あるいは全個体数に対する雄の比率で表す。性の決定は遺伝法則に従うため,雌雄は1対1の比率で生ずるはずだが,実際にはいくらかずれ,そのかたよりは種によってほぼ決まっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

性比

 男性と女性の比率.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいひ【性比 sex ratio】

同一種の雌個体の数と雄個体の数の比をいう。雌個体(1または100)に対する雄個体の割合,あるいは全個体数に対する雄個体数の百分率で表す。植物でも雌雄異株のものでは性比が問題になり,スイバは性比が大きく雌にかたよっているので有名である(約1:0.5)。動物では一般に雌雄で死亡率に差があるため性比は生活史の諸段階で異なる。受精時の性比を一次性比,出生時のものを二次性比,その後のものを三次性比という場合がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいひ【性比】

同一種内の雌雄の個体数の比。普通雌雄はほぼ同数生じる。人間の場合、出産児の性比は男のほうがやや多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

性比
せいひ

雌雄異体の生物において、同一種内の雌雄の個体数の比をいう。性比は雌個体1または100に対する雄個体の割合で示すことが多い。性染色体による性の決定が行われるならば、理論的には1対1、または、100対100になり、雌雄はほぼ同数となる。しかし、ヒトの場合は平均して女児よりも男児のほうが多く生まれる。このように、性比が偏ることがある。その原因のうち、単為生殖で性の一方のみが生まれる場合(ミツバチ、アリマキ、ミジンコ、ワムシ類など)がもっとも性比が偏る。また、性染色体がXY型のとき、二型の精子に運動能力の差がみられたり、減数分裂後に一方の精子が淘汰(とうた)されたり、性染色体の不分離が生じると、性比が偏る。ZW型の場合、卵の成熟分裂の過程で、一方の性染色体が極体放出時に放棄されやすい場合に性比が偏る。ショウジョウバエでも雌ばかり生まれてくる例がある。これには二つの原因があるが、その一因としては性決定に関連した突然変異遺伝子があり、その遺伝子をもつ雄では、減数分裂中にY染色体がほとんど退化し精子のほとんどがX型となるからである。もう一つの原因としてスピロヘータがあげられる。この微生物は、雌から卵を通して次の世代に伝えられる。スピロヘータをもった雌と正常雄とが交雑し受精卵をもつと、XY型の受精卵が選択的に発生途中でスピロヘータにより殺される。こうして、胚(はい)はほとんどが雌となる。性比の偏る原因として、致死遺伝子の関与する場合もある。[高橋純夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の性比の言及

【性染色体】より

…成熟分裂の結果生じた卵には3A+Xの1種しかできないが,精子には3A+Xと3A+Yの2種を生じ,3A+Xの精子で受精がおこると雌を生じ,3A+Yの精子が受精にあずかると雄を生ずる。この受精はほぼランダムにおこるので,生じてくる雌と雄の比率(これを性比という)は1:1になる。 性染色体の上に座位を占める遺伝子の遺伝様式は,常染色体の上にあるそれらとは異なる遺伝様式をとり,これを伴性遺伝という。…

※「性比」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

性比の関連キーワードゴルトシュミット(Richard Benedict Goldschmidt)アルフレイ‐プライスの式(高分子化学)年齢構造・男女別構造ファインマン‐ロス法女性活躍推進法ホワイト企業スピロヘータ二色性色素進化生態学一夫多妻婚ニホンザル性(生物)比較社会学行動生態学手元流動性女性犯罪衛生統計二世問題適応戦略ボノボ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

性比の関連情報