惰眠(読み)ダミン

デジタル大辞泉の解説

だ‐みん【惰眠】

なまけてること。転じて、何もしないで怠けていること。活気のまるでないこと。
「突如としてその―から覚めた」〈芥川・葱〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

だ‐みん【惰眠】

〘名〙 なまけねむること。のらくらして、々を無為に暮らしていること。停滞して活気のないこと。
※薩長土肥(1889)〈小林雄七郎〉四藩政府即連立内閣「幾度とも無く天下の懦眠を警醒したり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

惰眠の関連情報