コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白川夜船/白河夜船 シラカワヨフネ

デジタル大辞泉の解説

しらかわ‐よふね〔しらかは‐〕【白川夜船/白河夜船】

京都を見てきたふりをする者が、京の白河のことを聞かれて、川の名だと思い、夜、で通ったから知らないと答えたという話によるという》
熟睡していて何も知らないこと。何も気がつかないほどよく寝入っているさま。
「こんなにきれいなけしきを―で通っちゃ損だからね」〈長与・竹沢先生と云ふ人〉
知ったかぶり。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しらかわよふね【白川夜船】

〔京都を見物したふりをする人に白川のことを尋ねたら川のことかと思って、夜、船で通ったから知らぬと答えた話から〕
よく眠っていてなにも気づかないこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

白川夜船/白河夜船の関連キーワードシラカワ夜フネ白川なに