愛らしい(読み)アイラシイ

デジタル大辞泉の解説

あい‐らし・い【愛らしい】

[形][文]あいら・し[シク]愛すべきようすである。かわいらしさ・可憐(かれん)さ・いとおしさが感じられるようすである。「口元が―・い」
[派生]あいらしげ[形動]あいらしさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あいらしい【愛らしい】

( 形 ) [文] シク あいら・し
(子供や若い女性が弱さ・小ささ・美しさをもっていて)愛すべき様子である。かわいらしい。可憐かれんだ。 「 - ・い口もと」 「 - ・いしぐさ」
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐らし・い【愛らしい】

〘形口〙 あいらし 〘形シク〙 (「らしい」は接尾語) 愛すべき状態にある。可憐(かれん)で情を寄せたいようなさまである。かわいらしい。
※米沢本沙石集(1283)一「わらはが養ひ姫は、〈略〉、あいらしくおはするぞや」
※小学読本(1873)〈田中義廉〉一「愛らしき人形」
あいらし‐げ
〘形動〙
あいらし‐さ
〘名〙

いとし‐らし・い【愛らしい】

〘形口〙 いとしらし 〘形シク〙 (「らしい」は接尾語) かわいらしい。心ひかれる。
※評判記・野郎大仏師(1667‐68)杉本数馬「いとしらしきかたぎ、なよやかなるすがた、探幽(たんゆふ)もふでをなぐべし」
※団団珍聞‐五五七号(1886)「ふっと見交す顔と顔いとしらしうて痩形(やさかた)で」
[補注]「いとし」から「かはいらし」の類推によってできた語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛らしいの関連情報