コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可憐 カレン

デジタル大辞泉の解説

か‐れん【可×憐】

[名・形動]《「憐(あわれ)むべき」の意から》姿・形がかわいらしく、守ってやりたくなるような気持ちを起こさせること。また、そのさま。「可憐に咲く野の花」「少女の可憐な瞳」
[派生]かれんさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かれん【可憐】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
いたわりたくなるようすである・こと(さま)。いじらしく、かわいい・こと(さま)。 「 -な花」 「少女の-な姿」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

可憐の関連キーワードエフゲーニャ オブラスツォーワアンネリーゼ ローテンベルガー佐々木莉佳子(アンジュルム)ステファニー ジンバリストヒロハノアマナ(広葉甘菜)海棠の雨に濡れたる風情アン・マーグレットポールとビルジニーナターシャロストワホシクサ(星草)ジャネット リーローテンベルガー加茂川 緋佐子ポリュクセネオフェーリアラベンダー松本美和子サクラタケいじらしい吉田 玉英

可憐の関連情報