コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛おしい イトオシイ

2件 の用語解説(愛おしいの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いとおし・い〔いとほしい〕【愛おしい】

[形][文]いとほ・し[シク]
大事にして、かわいがりたくなるさま。たまらなくかわいい。「どの子犬も―・く思う」
かわいそうだ。気の毒だ。「被害にあった子供たちが―・い」
困ったことである。つらい。
「残りなく見せ尽くさむと思へるこそ―・しけれ」〈・帚木〉
[補説]動詞「いと(厭)う」からの派生という。つらいと思ってうとましく思うさま、苦痛で心身を悩ますさまを表すところから、自分に対しては、苦しい、つらいの意、他人に対しては、気の毒だ、かわいそうだ、いじらしい、さらに、かわいいの意が生じる。一説に「いたわしい」と関係する語ともいう。
[派生]いとおしがる[動ラ五]いとおしげ[形動]いとおしさ[名]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いとおしい【愛おしい】

( 形 ) [文] シク いとほ・し
かわいく、大事に思うさま。いとしい。かわいらしい。 「年をとってからの子なのでよけいに-・い」
気の毒だ。かわいそうだ。不便だ。 「両親に死なれてなんとも-・い子たち」 「 - ・しの有様やと亡骸なきがらに抱付き/浄瑠璃・忠臣蔵」
困ったことである。苦痛に感ぜられる。 「我がわづかに知れる方の事を、残なく見せつくさむ、と思へるこそ-・しけれ/源氏 帚木」 〔語源は「いたわしい」の母音交替形。一説に、動詞「いとう(厭)」の形容詞化とも。心を痛めるさまを表すのが原義。自己に対しては、他者に対してはの意となる〕
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛おしいの関連キーワード悪しい愛しい愛しらしい厭わしい大事ない大事無い大切ない遠遠しい生いとほしほてくろし・い

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

愛おしいの関連情報