コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛おしい イトオシイ

デジタル大辞泉の解説

いとおし・い〔いとほしい〕【愛おしい】

[形][文]いとほ・し[シク]
大事にして、かわいがりたくなるさま。たまらなくかわいい。「どの子犬も―・く思う」
かわいそうだ。気の毒だ。「被害にあった子供たちが―・い」
困ったことである。つらい。
「残りなく見せ尽くさむと思へるこそ―・しけれ」〈・帚木〉
[補説]動詞「いと(厭)う」からの派生という。つらいと思ってうとましく思うさま、苦痛で心身を悩ますさまを表すところから、自分に対しては、苦しい、つらいの意、他人に対しては、気の毒だ、かわいそうだ、いじらしい、さらに、かわいいの意が生じる。一説に「いたわしい」と関係する語ともいう。
[派生]いとおしがる[動ラ五]いとおしげ[形動]いとおしさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いとおしい【愛おしい】

( 形 ) [文] シク いとほ・し
かわいく、大事に思うさま。いとしい。かわいらしい。 「年をとってからの子なのでよけいに-・い」
気の毒だ。かわいそうだ。不便だ。 「両親に死なれてなんとも-・い子たち」 「 - ・しの有様やと亡骸なきがらに抱付き/浄瑠璃・忠臣蔵」
困ったことである。苦痛に感ぜられる。 「我がわづかに知れる方の事を、残なく見せつくさむ、と思へるこそ-・しけれ/源氏 帚木」 〔語源は「いたわしい」の母音交替形。一説に、動詞「いとう(厭)」の形容詞化とも。心を痛めるさまを表すのが原義。自己に対しては、他者に対してはの意となる〕
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

愛おしいの関連キーワードMr.Babeウザかわ派生補説

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛おしいの関連情報