コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しおらしい しおらしい

大辞林 第三版の解説

しおらしい

( 形 ) [文] シク しをら・し
〔動詞「萎しおる」の形容詞形〕
控えめでいじらしい。遠慮深くて奥ゆかしい。 「しかられたと見えて、いやに-・くしている」 「驚ろく様な女なら、-・いんだが/草枕 漱石
かわいらしい。かれんである。 「岩梅の-・い小花を/日本北アルプス縦断記 烏水」 「 - ・しき名や小松吹く萩すすき/奥の細道」
けなげである。殊勝である。 「 - ・い決意」 「 - ・しい事ほざいたり/浄瑠璃・国性爺合戦」
上品で優雅である。 「 - ・しき掛物を客によりてこれを掛ける/仮名草子・東海道名所記」
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

しおらしいの関連情報