コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛別町 あいべつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愛別〔町〕
あいべつ

北海道中部にある町。石狩川上流に位置する。 1961年町制。地名はアイヌ語アイベツ (矢のように流れの速い川の意) に由来。 1895年近畿,中部地方より 179戸が入植。石狩川の流域で米作と野菜,キノコなどの栽培,畜産が行われる。面積 250.13km2。人口 2976(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

愛別町の関連キーワードきのこの里あいべつオートキャンプ場北海道上川郡愛別町愛山町北海道上川郡愛別町厚生北海道上川郡愛別町協和北海道上川郡愛別町金富北海道上川郡愛別町徳星北海道上川郡愛別町中央北海道上川郡愛別町豊里北海道上川郡愛別町旭山北海道上川郡愛別町北町北海道上川郡愛別町南町北海道上川郡愛別町愛別北海道上川郡愛別町本町北海道上川郡愛別町伏古北海道上川郡愛別町東町北海道上川郡愛別町愛山上川総合振興局愛別町の要覧北海道上川郡愛別(町)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android