コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感覚遮断 かんかくしゃだんsensory deprivation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

感覚遮断
かんかくしゃだん
sensory deprivation

心理学用語。感覚隔離ともいう。身体の内外に作用する感覚刺激を遮断すること。感覚遮断条件を完璧に設定することは困難であるが,感覚刺激の絶対量を減じたり,あるいは一様化することによって,ある程度まで達成される。 W.ヘロンらの実験によれば,静かな暗室内で,何日間も柔らかいベッドに横になり,手や腕にも筒がはめられて触刺激もできるだけ制限された状態におかれると,次第に考えがまとまらなくなり,白日夢のような体験が生じてきて,ついには幻想幻覚が現れたりするようになる。また脳波も正常な状態に比べ徐波 (ゆるい波) が頻発する。したがって,知覚や思考の機能を維持し,正常に発達させるためには,変化に富んだ適度の刺激作用が必要であるといえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かんかく‐しゃだん【感覚遮断】

被験者に対して、特定のあるいはすべての感覚刺激を断った状態で過ごさせること。視覚面での実験には動物の暗闇飼育などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

感覚遮断【かんかくしゃだん】

視覚,聴覚平衡感覚等の感覚に対する光,音,温度重力等の刺激を長時間遮断または減少させ,あるいは単調に反復持続させたために,これらの刺激を感覚が受けとめなくなった状態。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんかくしゃだん【感覚遮断 sensory deprivation】

人工的に感覚刺激を極度に減らすこと,またその状態。人の精神活動は外界から絶えず刺激を受けることによって営まれている。外界からの感覚刺激がすべて遮断されると,意識の活動が障害され,注意力や思考力の減退,無気力,時空間の認知障害や夢幻様の体験が起きる。さらに幻覚をも生ずる。幻覚としては幻視が多いが,幻聴やからだの浮遊感や無形感などの身体幻覚もみられる。幻視は,光る点や線という単純なものから,幾何学模様や場面的な幻視までのさまざまな段階のものがみられ,移り変わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんかくしゃだん【感覚遮断】

被験者または被験動物に対して特定の刺激が全く与えられないか、刺激量を減じた環境をつくり出すこと。実験を目的として行われ、一定期間後、通常の刺激を与えた時の行動を研究する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

感覚遮断
かんかくしゃだん
sensory deprivation

身体の内外から与えられる刺激を遮断すること。感覚的な刺激の絶対量を減らす方法の一つとして、呼吸管付きのマスクをつけた被験者が適温の湯の中に入る実験がある。また別の実験として、被験者にプラスチックの目隠しをかけ、腕には円筒のカバーをつけて、換気扇の一定の回転音がわずかに聞こえるだけの防音室に入れ、抵抗感のない柔らかいベッドに寝かせる方法もある。このような感覚遮断状態では、被験者は白日夢の体験を生じ、考えがまとまらず、落ち着かず、幻聴や幻想が現れ、加算作業や図形知覚のような簡単な仕事もできなくなる。視覚面だけを遮断する動物実験としては、チンパンジー、ひよこなどを生後ただちに暗室で飼育する方法がある。これまでの研究によれば、知覚や思考の働きを維持発展させるためには、変化に富んだ刺激が絶えず与えられ処理されることが必要である。[今井省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

感覚遮断の関連キーワード精神生理学洗脳

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android