コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慕容廆 ぼようかい Mù róng Wěi

2件 の用語解説(慕容廆の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぼようかい【慕容廆 Mù róng Wěi】

269‐333
鮮卑族慕容部の族長。字は弈洛瓌(えきらくかい)。昌黎郡棘城(きよくじよう)(遼寧省錦州)の人。慕容部は代々魏・晋王朝に臣属して中国文化の影響を受けた。慕容廆は同族の宇文部・段部あるいは扶余,高句麗と戦って遼東地方を制覇した。また永嘉の乱による漢族流亡集団を収容・保護し,漢族士大夫を顧問として学問を興すなどのちの(前燕)の基礎をきずいた。東晋から都督遼左雑夷流人諸軍事などの官爵を受け,さらに燕王の称号を要求したが,朝議が決しないうちに病没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

慕容
ぼようかい
(269―333)

中国、五胡(ごこ)十六国時代、鮮卑(せんぴ)族慕容部の部族長で、前燕(ぜんえん)の事実上の開祖。部族民の支持のもとに部族長の地位につくと(285)、遼東(りょうとう)(遼寧省遼陽県)を拠点として、中国の郡県や東方の夫余(ふよ)への侵寇(しんこう)を繰り返したが、これが慕容部における農業生産の発展に寄与したと考えられる。一時西晋(せいしん)に降(くだ)ったが、八王の乱のあと鮮卑大単于(ぜんう)を自称した(307)。さらに永嘉(えいか)の乱によって荒廃した華北から多くの漢人が避難してくると、出身地ごとに郡県をたててこれを収容するとともに、有能な人材を積極的に登用し、中国文化の受容に努めた。対外的には敵対する鮮卑族や高句麗(こうくり)などを破り、東晋を支持した。なお、彼の子慕容(ぼようこう)が燕王を自称するのは337年のことである。[關尾史郎]
『谷川道雄著『隋唐帝国形成史論』(1971・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慕容廆の関連キーワード宇文泰後燕西燕西秦前燕鮮卑南燕オスマン族長慕容

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone